沢マタギの山溪逍遙

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥多摩・日原川巳ノ戸谷

<<   作成日時 : 2017/05/15 22:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

5/14初心者・初級者の講習会で巳ノ戸谷へ行く。6年振りの巳ノ戸谷での講習会だが、前日の雨が残り、沢は少し増水気味で、岩は濡れていつも以上に滑りやすく、今年の皆さんには少しレベルが高かったようだ。

画像

巳の戸谷の入り口となる日原林道からの降り口は、ここが一番楽に降りられる。ただ、少し本流を遡行しなければならないが・・・。

画像

巳の戸谷出合の本流で徒渉の仕方を指導

画像

大滝

画像

大畑窪出合
大滝から忌山の悪場入口までは平凡な河原が続く。

画像

忌山の悪場入口からゴルジュとなる。

画像

滝前窪出合から始まる忌山の悪場

画像

画像

忌山の悪場出口の5mの滝
6年前と比べると、かなり滝壁の苔が多くなっているようだ。下が6年前の写真

画像

倒木が多く、かなり荒れている印象だ。

画像

鞘口窪出合
出合付近もかなり荒れている。

画像

6m滝は左壁を直登する。

画像

直滝8mは右壁を登る。

画像

この滝の上で、14年前山ヌケ場所から落ちたクマ(小太郎)に出会う。

画像

画像

孫七窪と出合の3連の滝

画像

五平窪出合で遡行を打ち切る。
この先にあったワサビ田跡まで以前は明瞭な踏み跡があったが、今はほとんど廃道となっている。
一旦戻って、左岸にあるガレルンゼを上がり山道に出る。

画像

クマも落ちた山ヌケ場所は、今も通れず、一旦懸垂で下り、登りやすいところから山道に上がる。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
滝が多くかかり面白く遡行できた沢でした。
自分も初級の頃はこんな感じだったかと思いますが、まずは沢の楽しさを感じてください。
bema
2017/05/16 22:37
幽玄な感じで面白かったです。最も基本的なところでミスがあったので、大反省です。
うめ
2017/05/17 22:04
初ゴルジュに感激。また天然わさびのお土産つき。今回も遡行図は???。後でメモを見てもチンプンカンプン。まだ記録と遡行の両立が難しいですが頑張っていきたい。
アッキー
2017/05/19 19:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥多摩・日原川巳ノ戸谷 沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる