アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
沢マタギの山溪逍遙
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
二口・名取川鳴虫沢
二口・名取川鳴虫沢 10/15中級の講習会で二口の鳴虫沢へ行く。今回は1泊2日の沢から日帰りに変えたため、土曜日に続き、日帰りの沢を組む。日曜日天気が持ちそうなのは宮城県以北なので、那須から、その日のうちに二口に移動する。 この鳴虫沢は名取川の支流だが、ネットの情報から仙台周辺の方たちには良く登られている沢のようだが、毎年のように二口の沢に入っているにもかかわらず、初めて入る沢だ。沢自体は、それほど難しいところもなく中級者の講習会では手頃の沢だが、東京からでは如何せん遠く、わざわざこの沢のために日帰りの講習会... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/18 11:24
那須・苦土川大沢右俣
那須・苦土川大沢右俣 10/14中級の講習会で那須の大沢右俣へ行く。予定では1泊2日で只見の餅井戸沢だつたが、今回も天気が悪く、急遽、日帰りの沢に変更する。この沢は、いつも中級者の講習会で行く沢だが、しばらく行っていなかったので久しぶりだ。この日の天気は、予報では降水確率が20%と低かったのだが、雨が降ったりやんだりのあいにくの天気で、気温も低く、肌寒い1日だった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/10/17 12:17
只見・叶津川赤崩沢〜叶津川
只見・叶津川赤崩沢〜叶津川 10/8-9初心者・初級者の講習会で只見の叶津川赤崩沢へ行く。今年の初級者の講習会は、雨にたたられることも少なく、比較的順調に予定の講習が行われている。ただ日により泊りの講習に参加できない方がいるので、なかなか泊りの講習を組むことができない。沢登りは、泊りの講習を数多く経験することで体力も技術も付いてくるのだが…。 叶津川は只見線が開通した年に初めて入った沢で、それから何度も通った水系だが、ここ数年ご無沙汰していたが、塾でも4期生の時に本流を遡行している。赤崩沢は30数年前に叶津川を越え下... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/10/11 12:22
尾瀬・片品川根羽沢大薙沢左俣〜右俣
尾瀬・片品川根羽沢大薙沢左俣〜右俣 9/23-24初心者・初級者の講習会で尾瀬の根羽沢大薙沢へ行く。予定では桧枝岐方面の沢だったが、今回も天気が悪く、午後からでも行け、泊りの沢を体験してもらえそうな沢へ行く。今年の初心者・初級者の方たちは、今回が泊り初体験。いつもはこの時期だと3回程度は泊りを体験しているのだけれども…。沢登りは、泊りの沢を数多く経験することでいろいろな沢登りの技術や楽しさ、難しさを知ることができるのだが…。沢自体は、取り立てて難しいところもなく、初めての泊まりの沢としては良かったのでは。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/27 10:52
和賀・和賀川大鷲倉沢
和賀・和賀川大鷲倉沢 9/16-17中級者の講習会で和賀の大鷲倉沢へ行く。予定では2泊3日で神室の沢だつたが、16日の夜から17日にかけて台風が東北を直撃する予報なので、急遽、1泊2日で大鷲倉沢へ行くことに。この沢は9月最初の講習会で行く予定だつたが、予報が悪く、林道も土砂崩れの復旧作業中で通行止め、この時も天気の良い日曜日に日帰りの沢に変更し、行けなかった沢だ。ここは何十年振りかだが、和賀川渡渉点からの本流下降がポイントとなる沢だが、来年、別の仕事で行くことになるかもしれないので、本流下降をせずに出合に降りるル... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/09/20 11:59
谷川・湯檜曽川東黒沢白毛門沢
谷川・湯檜曽川東黒沢白毛門沢 9/10初心者・初級者の講習会で白毛門沢へ行く。昨年、白毛門沢をセットしていなかったので、2年ぶりの白毛門だが、谷筋はいつもと変わらず我々を迎えてくれた。ただ広い駐車場が満車状態で、早朝にもかかわらず駐車スペースがないのには驚いた。初心者・初級者の講習会は、8月の2回目を私用で中止にしたため、1か月振りの講習となり、皆さんバテバテとなったようだが、この沢自体、初級の沢ではかなり体力を消耗する沢なので仕方がないが、もう半年近く沢登りをしているので、もう少し体力を付けてもらわないと沢登りを続けて... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/13 11:25
阿寺山地・岩倉川樽ケ沢〜岩倉川
阿寺山地・岩倉川樽ケ沢〜岩倉川 9/3中級者の講習会で南木曽地方の岩倉川樽ケ沢へ行く。ここは関東の人たちにはなじみのない沢だが、東海の人たちにはよく知られた沢らしい。予定では和賀の大鷲倉沢だつたが、台風の影響がある予報だったので天気の良い南木曽地方へ転進する。毎週のように続く土日の悪天候だが、今回は早めに転進先を決めたことが失敗だった。台風が逸れたことで、結果転進しなくても良かったのだが、新しい山域を開拓できたことで良しとしよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/09/05 20:11
中ア・正沢川幸ノ川
中ア・正沢川幸ノ川 8/27中級者の講習会で中アの幸ノ川へ行く。先週は私用で講習会を中止にしたので3週間ぶりの講習会だが、今年は異常に雨が多く、今回も25日の大雨で、予定していた朝日の下ノ沢は増水が激しく、入渓は危険と判断し、転進先として中アの沢を選ぶ。転進候補はいくつかあったが、増水がどれほどかわからず、結果的に日帰りの沢となる。幸ノ川は滝が多く、滝が続くのは、前回の朝日の根子ノ三沢と同じだが、アルプスの沢と東北の朝日の沢との違いを感じてもらえればとの思いだ。滝のスケールでは中アだが、難しさでは朝日の沢の方だ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/08/29 11:50
朝日・根子川根子ノ三沢
朝日・根子川根子ノ三沢 8/6中級者の講習会で朝日の根子ノ三沢へ行く。この沢は朝日でも初めての沢だが、ネットの記録では滝場が続き、日帰りの沢としては面白そうなので中級者の講習会として計画する。今年の夏は、天候が安定していない。ただ台風が来ているにもかかわらず、今回は良い天気に恵まれる。沢は思いのほか滝場が続き、帰りの時間も考慮しなければならず、途中で古寺鉱泉口の分岐に上がる枝沢から登山道に上がる。今回も中途半端に終わり残念だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/08/09 10:39
安達太良・高森川仏沢
安達太良・高森川仏沢 8/5初心者・初級者の講習会で安達太良の仏沢へ行く。今回のテーマは藪漕ぎ。この沢は藪漕ぎと言えるような藪漕ぎをするような沢ではないのだが、初心者の方たちに藪漕ぎを知ってもらうには良い沢ではないかと計画したが、沢型がほとんど最後まで続き、講習としては今一だったが、上流部はさわかた沢型を灌木が覆うところが続き、初心者の藪漕ぎ体験としては丁度良いか。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/08/07 18:01
奥秩父・中津川大若沢
奥秩父・中津川大若沢 7/23初心者・初級者の講習会で奥秩父の大若沢へ行く。予定では安達太良の杉田川だったが、今週末も天気が悪く場所変更を余儀なくされる。この時期は、できるだけ水に浸かって遡行できる沢が良いのだが、初心者・初級者の講習場所を探すのは難しい。この大若沢は、登り方によっては難しくも、易しくもなる沢で、初心者・初級者の講習会の場所としては良い沢だ。ただ楽しめる所が短いのが難点だが…。  できれば東京近郊は避けたかったのだが、何とか天気の持ちそうなのが奥多摩、奥秩父方面では仕方がない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/25 22:31
和賀・玉川入角沢
和賀・玉川入角沢 7/15-17中級者の講習会で和賀の沢へ行く。予定では堀内沢八滝沢だったが、2日目の天気が悪い予報に入山を中止し、天気の良い初日は集合場所の角館に近い和賀の白岩岳を水源とする入角沢へ、2日目は休息日に当て、最終日、葛根田川の支流を登ることにする。入角沢は白岩岳の登山道があるので下山は楽だが、数年前の豪雨の影響が残り、登山口まで林道を車で行けない。沢は滝場はあるが、難しいところもなく、和賀の沢としては簡単な沢だ。2日目、朝から時々土砂降りの雨が断続的に降り続き、悪天予報がさらに悪化、大雨、洪水... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/07/17 20:14
南ア・尾白川鞍掛沢乗越沢
南ア・尾白川鞍掛沢乗越沢 7/8中級者の講習会で南ア・尾白川鞍掛沢へ行く。今回の講習は5月に中止となった奥秩父・ヌク沢講習会の代替え講習だが、今年は奥秩父が多いので、奥秩父以外の場所ということで南アの日帰り可能な沢として行く。ネットの情報からは中級者の方たちにも楽しめ、特にスラブ状のナメ滝登攀に不安がある今年の方たちには良い勉強になると思い計画したが、中級者の講習会としては、あまりにも単調過ぎて期待外れに終わる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/07/11 12:02
大菩薩・大鹿川平ツ沢
大菩薩・大鹿川平ツ沢 7/2初心者・初級者の講習会で平ツ沢へ行く。当初予定は尾瀬の小渕沢だったが、現地の天気が悪く、急遽、天気の良さそうな近場の沢に変更する。今月の課題は水線遡行。いつもは、水根沢や小川谷廊下だったが、ここ数年水根沢は肝心なところが山ヌケなどで埋まり、水もあまりきれいではなく、小川谷廊下は、山ビルと、講習場所に難があるので、場所探しに苦労しているところだ。平ツ沢もあまりきれいな沢ではないが、初心者がシャワークライムの楽しめるというところでは良い場所だ。ただ非常に滑りやすい沢床なのが難点だ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/04 15:38
徒渉訓練(丹波川本流)
徒渉訓練(丹波川本流) 7/1中級者の徒渉訓練講習会で丹波川本流へ行く。この日は昼間雨予報と、最悪の天気だが、全身ずぶ濡れとなる徒渉訓練ではあまり気にならない。ただ気温は高いとの予報が救いだったのだが、実際は、気温は低く、雨も降りしきる中での講習は辛い。それでも徒渉点の見極め方、単独徒渉、スクラム徒渉、ロープを使った徒渉と一通りの講習を午前中で終え、午後からは上部に移動してゴルジュ突破、ザックピストン法などを行う。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/04 11:39
舟形・鳴瀬川内唐府沢
舟形・鳴瀬川内唐府沢 6.24-25中級者の講習会で舟形の内唐府沢へ行く。今年の中級は天気に恵まれず、中止や場所変更が多いが、今回も林道の状態が悪く、やはり予定どうりとはいかなかった。それでも、何とか右俣、左俣の周遊はできた。鳴瀬川は、かねてから行ってみたい沢だったのだが、地形図上からはあまり触手が動かず、周辺の沢に面白そうな沢が多く、最後になってしまったところだ。今回は、ネットの情報から教室の講習会としてはよさそうだったので組んでみたが、沢自体は中級者の講習会としては良かったのだが、林道の状態が悪く、余分に歩か... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/06/28 12:07
奥秩父・一之瀬川竜喰谷
奥秩父・一之瀬川竜喰谷 6.18初心者・初級者の講習会で奥秩父の竜喰谷へ行く。ここ数年、皆さんのレベルが低く、竜喰谷をセッティングすることが少なくなり、4年振りの講習会だったが、やはり、今年の方たちのレベルも低く、難しかったようだ。ただ入渓者が多く、ポイントごとに余計なものが残置され、巻道もしっかり踏まれており、曲滝の登攀をしなければ、沢自体は登り易しくなっている。今年の竜喰谷は、一之瀬林道が大常木谷入渓点手前の林道が崩落のため、青梅街道の入口から工事による通行止め。落合から大回りしなければならない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/20 19:11
二口・名取川大行沢
二口・名取川大行沢 6.10-11初心者・初級者の講習会で仙台二口の大行沢へ行く。泊りの沢を初めて経験してもらうために毎年この時期に行く沢だが、今年は肝心な時に雷雨となりキャンプ場のバンガローに避難、初の泊りを経験してもらうことができなかった。それでも翌日2段の滝上から遡行し、宍戸沢源頭部の破線ルートから大東岳に登り、表コース登山道を登山口に戻る周遊ルートを日帰りする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/06/14 12:38
奥秩父・大洞川和名倉沢
奥秩父・大洞川和名倉沢 6/3-4中級者の講習会で奥秩父の和名倉沢へ行く。予定では雪渓処理の講習で小出近くの破間川毛の又沢川だったが、天気が悪く、二転三転し、結局天気の良い東京近郊の沢になる。中級者の講習会は、ここ何回も連続して雨にたたられているので、雨予報を嫌っての転進だ。 和名倉沢は、以前は釣り人が多く入渓し、トラブルの多発していたところなので、あまり触手の動かない沢だったが、今は源流釣り師も少なくなったようで、今回も全く他のパーティに合うことはなく、我々だけの沢登りを楽しむことができた。ただ相変わらず二瀬尾... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/06/07 11:29
南会津・蒲生川大白沢
南会津・蒲生川大白沢 5/27-28中級者の講習会で只見の大白沢へ行く。今回は、この時期の沢の恵みと雪渓処理の講習。ただ今回は、これからの中級者の講習会が厳しくなることもあり、少し息抜きも兼ね、沢登りは、沢を登るだけではないことを体験してもらう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/30 17:37

続きを見る

トップへ

月別リンク

沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる