大菩薩・大鹿川平ツ沢

画像

7/2初心者・初級者の講習会で平ツ沢へ行く。当初予定は尾瀬の小渕沢だったが、現地の天気が悪く、急遽、天気の良さそうな近場の沢に変更する。今月の課題は水線遡行。いつもは、水根沢や小川谷廊下だったが、ここ数年水根沢は肝心なところが山ヌケなどで埋まり、水もあまりきれいではなく、小川谷廊下は、山ビルと、講習場所に難があるので、場所探しに苦労しているところだ。平ツ沢もあまりきれいな沢ではないが、初心者がシャワークライムの楽しめるというところでは良い場所だ。ただ非常に滑りやすい沢床なのが難点だ。

画像

アプローチがほとんどなく、登山道が沢沿いにあるというのも初心者・初級者の沢登りには心強い沢だ。

画像

水量もほどほどにある。

画像

滝場も点在し、いずれもシャワークライミングが楽しめる。

画像

見た目登れそうもないが、ホールドは豊富にある。
初心者・初級者の方たちには難しいが、沢慣れた方が同行すれば問題ない。

画像

積極的に水流に入った方が登りやすい。

画像

滝と滝の間は沢幅は開け、周りは杉の植林帯なので荒れている。

画像

沢沿いに登山道があるので、初心者・初級者には心強い。

画像

滝場は、できるだけ水に入ろう。

画像

大滝
非常に岩が滑りやすく、不用意に取りつくと危険だ。
通常は、右の濡れているところから上がるが、上部の一歩が厳しい。
水流の中をシャワークライムした方が楽しいかも。巻は左右どちらでも可。

画像

大滝上に続くナメ滝の方がツルツルの沢床で、フェルトのフリクションは利かない。

画像

大滝上流部の滝は、水流左が簡単だが、滑りやすい。
右岸の滝横に登山道がある。

画像

ツルツルの一枚岩のナメ滝の登攀

画像

この滝をあがると登山道はすぐ脇だ。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"大菩薩・大鹿川平ツ沢" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント