奥多摩・セルフレスキュー

画像

4/8中級者のセルフレスキュー講習会で奥多摩の入川谷へ行く。今年は2回セルフレスキューの講習会を予定している。第1回目は、レスキュー初めての方たちがいるので、搬送方法と搬出方法をそれぞれ行う。最後にチロリアンブリッジの設定方法を行い時間切れとなる。天気は今一だったが、気温が高く、とりあえず予定の講習を行うことができた。

画像

画像

寝ている事故者の背負い方では、背負うまでがなかなかできない。

画像

事故者の引き上げ法

画像

背負った事故者の引き上げ(1/5システム)

画像

介助懸垂

画像

事故者の引き降ろし方法


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

あすか
2017年04月11日 22:45
人間て思った以上に重かったです。
bemasa
2017年04月12日 07:52
今年2度目の訓練。繰り返し行って少しは使える様になれれば。使う場面が来ない様に行動するのが1番だが。今年最初の焚火も盛大で楽しめました。
あわてん坊
2017年04月13日 12:03
昨年行ったことでもなかなか覚えていないものですね。
繰り返し繰り返し行う事が大切です。
あってはいけないけれど。もしもの時に、、、
c-chan
2017年04月13日 12:41
訓練の度に絶対に事故を起こしてはいけないと再々確認します。去年は寝ている事故者を背負って立ち上がれたのに…涙
塾長
2017年04月14日 11:23
レスキュー訓練の目的は、技術だけでなく、個々人に事故を起こしてはいけないということを認識してもらうことと、そのためにはどうしたら良いかを考えてもらうことです。

この記事へのトラックバック