丹沢・谷太郎川鳥屋待沢左俣

画像

12/11冬期トレーニング講習で丹沢の鳥屋待沢へ行く。冬期講習は、来年の中級者の講習会に向けてのトレーニング講習だが、今期は沢、雪山、岩と、教室の始まる3月まで冬眠することなく、体力維持と中級者のためのロープワークを学んでもらうことが主旨の講習だ。1回目は蛭が冬眠中の鳥屋待沢へ沢登り。初級者の講習で行く沢だが、水に出来るだけ浸からないように行くのは難しい。
来週からは3回続けての雪山講習が始まる。

画像

画像

下流部は小滝が続く。

画像

標高400m付近に懸る大滝

画像

画像

大滝上のミニゴルジュはなかなか楽しい。ただ出口のCS滝の釜が深く、この時期はパス。

画像

最狭部は右側壁のハングした岩をヘツリ超えるが、落ち口で水を浴びる。
以前は左側壁の中段バンドに上がり超えたのだが・・・。

画像

まだまだ滝が懸かるが、ほとんど記憶にない滝ばかりだ。

画像

右俣は滝を懸けて出合っている。
ここから水量が激減する。

画像

左俣最初の滝は、最後の一歩が遠い。

画像

左俣の大滝は、以前よりヌルヌルだ。

画像

ハング滝が続き楽しいが、途中時間切れで宝尾根へ逃げる。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あわてん坊
2016年12月16日 10:47
時間切れで途中になってしまい残念でした。
まだまだ!! 遅いということですね。
でも少しづつ登り方がわかってきたので嬉しいです。
体力を落とさないよう冬季講習に励みたいと思います。
c-chan
2016年12月16日 15:16
オフトレだし、12月だし、まさかのシャワークライミングでした。あぁ~ここも初級の沢…まだまだまだって感じです!
あわ坊は余裕のコメントですねぇ…いいな!頑張ろうっと!
bemasa
2016年12月20日 23:33
久々にリードを任されはりきりましたが、なかなか皆を連れて歩くのは時間がかかりますね。途中エスケープは、なかなかできない、いい判断だったと思います。最後の焚火つけっぱなし事件は、キャンパーのモラルが無さすぎますね。
塾長
2016年12月21日 09:30
遡行して無事に降りてくることまでが1つの山行です。そのためには、パーティの力量を把握し、全員が無事に下山できるような時間配分をどのようにするかもリーダーの務めです。やみくもにゴルジュに突っ込んだり、ロープワークの時間を費やすようなことは状況により避けなければなりません。

この記事へのトラックバック