丹沢・水無川セドノ沢左俣

画像

11/20中級者の講習会で丹沢のセドノ沢左俣へ行く。今回も場所の選定から計画、実施とすべて一から自分たちで計画立案してもらう講習2回目。予定では土日で今年度のすべての講習が終わることになっていたのだが、土曜日はあいにくの雨と低温で土曜日の講習を23日に延期、日曜日のみの講習となる。この日は、朝方は快晴の良い天気だったが、後はどんよりとした曇り空の1日で、少し肌寒い講習となった。

画像

水無川のF1がセドノ沢の入り口だ。

画像

セドノ沢F1は、右岸側に鎖があるが水流の左側が簡単に上がれるルートだ。

画像

F2は右を登る。

画像

二俣
左俣の出合にはF3の看板が・・・。

画像

しばらく小滝が続く。

画像

奥に左俣の大滝が見える。

画像

画像

大滝の登攀

画像

まだまだ滝が続くが問題となるところはない。

画像

荒れたガレの河原が現れると書策新道手前の滝場もすぐだ。

画像

画像

書策新道手前の滝の登攀

画像

書策新道は、非常に分かり難くなっている。

画像

画像

右沢に入るとほとんど水が涸れるが、ガレガレの沢となり、滝壁もボロボロだ。

画像

最後は登山道に近い枝を詰める。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あわてん坊
2016年11月22日 08:58
天気は少し残念でしたが、楽しい講習でした。
大滝はやはり怖い!!
ロープがあると安心ですが、、、
今回もいろいろと勉強になることが沢山
ありました。
次回のリードに生かせるといいのですが。
どうでしょう??みなさん よろしくお願いします。
c-chan
2016年11月22日 10:33
入溪点前に道を間違えるし、ゴロタのルート取りも悪いし、大滝の登攀以前の問題が…(汗)2つの大滝はやはりSさん頼りになってしましました。
あー、いつかここをリードできるようになりたい!
塾長
2016年11月22日 17:54
ルートファインデングが出来ていなかったですね。これが今の現状です。人の後ろを見て歩くのも良いのですが、リーダーがなぜそのルート取りをしたのかを考えることも大事です。遡行図書きと自分のことで手一杯では先へ進めません。

この記事へのトラックバック