丹沢・水無川新茅ノ沢

画像

11/6中級者の講習会で新茅の沢へ行く。11月の中級の講習は、塾生たちに場所の選定から計画、実施とすべて一から自分たちで計画立案してもらう講習。人に付いて行くばかりでは自立した沢屋にはなれない。山行を計画するには、参加メンバーの技量、経験、体力、体調、季節、天候、交通手段等、考えられるあらゆることを考慮しなければならず、また山行場所を探すことは、自身の山や沢への広がりにもつながり、いろいろな山域にも目が向くようになるものと思う。
 計画立案するのが初めてなので、どうしてもガイドブック頼りになることは仕方がないのかとは思うが、渓友塾で学んできた経験が生かされていないのは残念だ。

画像

リードすることばかりに気がいって、他のことが全く出来ていなかった。
もっと経験を積まなければ。

画像

指摘されたことはできていたのですが・・・。
ここは、4月最初のセルフレスキュー講習時に、早々と蛭が大量発生し、講習途中で退散した場所だが、さすがに11月はいないようだ。真新しくボルトが打たれうんざり。

画像

画像

F3、F4は簡単に登れる。

画像

F4から上は15年ぶりかだ。

画像

F5

画像

巻道には、しっかりとロープが張られている。さすが丹沢と言えるところだ。

画像

F5から上は、ガレガレの沢だ。

画像

画像

画像

ガレガレの沢床の間に滝が懸かるが、簡単に登れる滝ばかりだ。

画像

石積みの堰堤も。

画像

急なガレガレの沢床。
辛い登りが延々と続く。

画像

二又下の滝
滝上で二又となるが、左沢には水がない。

画像

水流のある右沢を行くが、すぐに涸れる。

画像

CSの涸れ棚
コツのいる登りだ。

画像

ガレガレの急な沢床は、落石に要注意の登りが続く。

画像

右側に踏み跡が出てきたところで登山道に上がる。


東京起点 沢登りルート120
山と溪谷社
2016-05-13
宗像 兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点 沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あわてん坊
2016年11月09日 09:08
計画からすべてを行うのは大変ですね。
そういえば、、、と思うことが沢山ありました。
すっかり忘れています。
振り返って確認が必要です。
c-chan
2016年11月09日 10:45
今回はリード・自己確保・ビレイの一連の動きを予習させて頂きました。Мくん、ありがとう!
ボルトやトラロープ等、さすが丹沢ですね。夏場はヒルにもめげず、沢山人が入っているのでしょうね。
bemasa
2016年11月09日 23:00
人の振り見て我が振り直せ。の沢でした。
ch
2016年11月10日 20:29
久しぶりの丹沢、やはり人がたくさん入っているだけあり、至れり尽くせりの沢ですね。

この記事へのトラックバック