丹沢・早戸川原小屋沢カサギ沢

画像

11/5初級者の講習会でカサギ沢へ行く。予定では宮が瀬湖に流れ込む二十女沢だったが、宮が瀬湖対岸の林道へ行く橋の中ほどに厳重な侵入禁止の網柵が作られ入渓不能に。時間も遅くなり、場所が限られる中、転進先をいくつか検討した結果、短時間で行ける近くの原小屋沢カサギ沢へ行くことに。ただ、ここも早戸川林道が最近まで通行止めになっていたが、通行止めが解除されているネットの情報があったので良かったが、場合によっては講習を中止する事態になっていたところだ。急な場所変更だったため、入山が10時半を回ってしまったが、カサギ沢はエスケープが容易で、滝場やゴルジュ帯が下部に集中しているので、十分講習にはなるところだ。

画像

早戸大滝への登山道を利用しての入渓だが、道が悪い。

画像

原小屋沢はゴーロの沢で、水量が多く、沢床の石は非常に滑りやすい。

画像

カサギ沢出合は開けて明るいところだ。

画像

カサギ沢は、水の非常に綺麗な沢だ。

画像

出合上の滝を過ぎると開けた明るい谷となる。

画像

1090m付近に懸る大ナメ滝

画像

大ナメ滝の上から谷が深くなり、滝が出てくる。

画像

1か所、泳がなければ登れない滝があるので、高巻いて懸垂で沢床へ降りる。

画像

画像

さらに、連瀑帯が続き、連続する5~10m程の滝は、左岸からまとめて巻く。

画像

カサギ沢、カヤノ沢出合
この出合下から沢が開け、小川のような流れとなる。

画像

カサギ沢に入り、平凡な沢床を進み、榛ノ木丸尾根が近づいたところで尾根に上がる。


東京起点 沢登りルート120
山と溪谷社
2016-05-13
宗像 兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点 沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

あすか
2016年11月12日 14:22
ゲートのせいで幻の沢となってしまいました。
気候のせいで沢が変わるとかもありますが、こういうこともあるんですね。

この記事へのトラックバック