那須・阿武隈川南沢

画像

10/23初級者の講習会で南沢へ行く。この沢は初級者には少し難しい滝が多く、講習会は、ある程度沢登りに慣れ、登攀にあまり不安のない方を対象に組む沢なので、ここ何年かは組機会がなかった沢だ。特に、リードと滝の登攀は中級者としての力量を試すのに良い機会となった。ただ天気は、予報に反して、空はどんよりとした雲に覆われ、冷たい風が吹き荒れていたこともあり、1時雨が降ったこともあるが、非常に寒い1日だった。

画像

南沢の出合には本谷沿いの山道から出合に降りる踏み跡を行く。
しっかり地形図を確認していないと、この踏み跡を見逃す。

画像

F1は右壁を上がる。
見た目難しそうだが、ホールドはしっかりしている。

画像

F2のリードはまだ難しいようですね。

画像

F2は倒木がなくなったことで少し難しくなったようだ。

画像

画像

左岸から簡単に巻ける。

画像

この滝がリードできたことで、少しでも自信につながればよいが・・・。

画像

画像

綺麗な滝が続く。

画像

二俣手前のナメの斜滝。きれいな滝だ。

画像

二俣を過ぎても、右岸から水量の多い沢が入る。

画像

画像

登れる滝が続く。

画像

画像

大滝の登攀は難しくないが、取り付きまでと、下部の岩が脆く、注意が必要だ。

画像

大滝上部の滝は、ホールド細かく、滑っているので初級者には難しい滝だ。

画像

奥の二又は右沢へ入る。
お昼時、雨が降って、とにかく寒い。

画像

画像

右沢は一枚岩の沢床が続く。
ツルツルの傾斜のあるナメ滝登りの練習に良いところだ。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あすか
2016年10月24日 19:07
前回までは暖かかったので、すっかり冬の気配すら感じるようになりました。
滝が登れたところで油断してしまい…は気を付けないといけないですね。はい。

塾長
2016年10月25日 09:53
初級の沢でも、油断しないように。来年の中級の沢ではドボンでは済まされません。
あわてん坊
2016年10月26日 11:48
ついて行く沢登りからリードして行く沢登りへ。
不安だらけではじまりましたが、登って行くうちに
なんだか楽しくなって来ました。
まだまだですが、地図読みもしっかりできるように
、、1に経験2に経験そして復習です。
今回は初級者のみなさんにも助けられました。
ありがとうございました。
人に頼らずしっかりとリードしていけるように
頑張ります!!
塾長
2016年10月26日 17:09
沢登りは、とにかく経験です。数多く経験値を伸ばすことで技術、体力を付けることができ、何よりも安心、安全な沢登りを学ぶことができます。
たまに沢登りをするだけでは沢登りを学ぶことはできません。

この記事へのトラックバック