尾瀬・笠科川タル沢ワル沢~井戸沢下降

画像

9/10初級者の講習会で尾瀬の沢へ行く。予定では、前回行った丸ノ沢左俣だつたが、天気が悪い予報だったことと、当日予定していた西俣沢が、皆さんには体力的にきつく、下山できないことも予想されたので、前回と今回を入れ替え、場所も体力のない方たちにも行けそうな笠科川のタル沢ワル沢右俣~井戸沢下降を計画したのだが、直前になってその方たちが欠席となり、場所を変えることもできずにそのまま実施する。ただ天気が良く、秋の気配の漂う沢は、また非常に気持ち良く、嫌な気分も変えてくれる。それでもロープを使うこともなく、普通に歩ける人たちにはあっという間の下山となる。ただ今回の沢は非常に滑りやすく、特に下降ではかなり神経を使った。

画像

笠科川に入って最初の綺麗なナメ滝

画像

画像

タル沢F1は簡単に登れる。
水量は多い。

画像

画像

画像

綺麗なナメ滝が多く、ゴルジュ地形の所もあって楽しい沢だ。

画像

ワル沢も、水量は半減するがゴルジュ状の所がある。

画像

ナメ滝も多い。

画像

ワル沢二俣
右俣出合に滝が懸かる。

画像

画像

右俣も、水量は少なくなるがナメ滝が多く懸かる。

画像

今回は、藪漕ぎがテーマの講習だが、いかんせん藪漕ぎが短い。

画像

画像

画像

井戸沢は黒々としたヌメヌメのナメ床で、非常に滑りやすく、神経の使う沢だ。

画像

1時半前に車に戻る。
今年最短の沢だ。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あすな
2016年09月12日 23:38
前回風邪で欠席で日が空いてしまったので、登れるか心配でしたがひと安心です。
尾瀬の沢はきれいでいいです。
今年は2回も尾瀬いけてよかったです。
ch
2016年09月13日 17:24
ちょっと物足りなくはありましたが、たまにはいいかなと。。山彦行けましたし。

この記事へのトラックバック