谷川・万太郎谷井戸小屋沢

画像

9/3講習会で井戸小屋沢へ行く。井戸小屋沢は久しぶりだが、沢自体は変わったところもなく、明るく開けた非常にきれいな沢で、皆さん十分沢登りの楽しさ、素晴らしさを実感できたものと思う。ただアプローチの林道が毛渡沢の橋で工事をしており、う回路として魚野川右岸の狭い林道が4キロほどの区間一方通行の規制がかかり、ここで2往復したことでいつもより少し出発が遅くなったことと、今年の中級の方たちの遡行スピードが今までの方たちより遅いことも影響し、下山が遅くなる。これからの時期は、日没との絡みで場所選定やルート取りに悩まされそうだ。

画像

万太郎谷は、このところの台風や大雨による影響はないようだ。

画像

画像

いつものヘツリの箇所は、背丈により難易度が変わる。

画像

オキドウキョウの悪場は泳いで突破するも、奥の激流突破は、皆さんには厳し過ぎる。

画像

井戸小屋沢は明るく開放的なV字沢だ。

画像

ツルツルのナメ滝登攀、草付処理を学ぶのにも良い沢だ。

画像

画像

小障子沢との出合上の核心のCS滝
突破には少しコツがいるが、初級者の方たちには難しいようだ。

画像

快適に登れる小滝が続き、なかなか楽しめる沢だ。

画像

大きな滝も登れる滝が多い。

画像

展望が良く、楽しい遡行が続くが、皆さん後ろを振り向く余裕がないようです。

画像

二俣
いつものお昼の場所だが、今年は2時間ほど遅れている。

画像

右俣に入って最初の大きな滝は、リード、確保の練習に良いところだ。

画像

シャワークライムで楽しく登れる。

画像

ほとんど藪漕ぎなしに五策新道に出る。


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (入門&ガイド)
山と渓谷社
手嶋亨

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (入門&ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

あわてん坊
2016年09月06日 13:37
お天気もよく気持ちよく歩くことができました。
でもやっぱりまだまだです。
滝も沢山ありとても楽しかったです。
bemasa
2016年09月07日 06:32
泳ぎあり、滝滝の連続あり、ちょっとした巻きありで満喫出来ました。ただ、自分たちで判断して、行動するにはまだまだ経験不足です。
ch
2016年09月07日 23:12
谷川らしい開放的な沢で楽しめました。Mくんがリードした滝、、、リベンジしたいです。
塾長
2016年09月08日 00:36
Мさんがリードした滝を登れなかった方は、今までの中級者コースの方たちにはあまりいませんでした。あれが、今回登れなかった方たちの今のレベルです。あと2か月しかありませんが、頑張ってください。
c-chan
2016年09月08日 15:16
万太郎谷、特にオキドウキョウの美しさは感動でした。井戸小屋沢は滝三昧で、疲れましたが楽しかったです。
毎回、自分のレベルは嫌でも痛感…(汗)
頑張ります!!

この記事へのトラックバック