二口・名取川小松原沢

画像

6/11-12中級者の講習会で名取川本流小松原沢へ行く。この沢はナメと幅広の綺麗なナメ滝を多く懸け、銚子大滝と呼ばれる多段の大きな滝を懸け、滝上には短いながら小ゴルジュが連続し、源流部はナメ床がが続く、非常にきれいな沢だ。特に小ゴルジュの終わった上のブナの林に囲まれた平坦地は絶好の泊り場だ。早朝早立ちすれば日帰りも可能なのだが、日帰りするにはもったいない沢だ。

画像

二口林道は、白糸滝沢の降り口先にゲートがあり入れないが、二口峠までは問題なく通行できる。

画像

下流部は沢幅一杯の滑床が続く。

画像

滑床は南沢との出合まで続く。

画像

画像

南沢との出合で一旦滑床は途切れるが、すぐに幅広のナメ滝とナメ滝の連続する渓相となる。

画像

画像

画像

大きな釜を持った滝が多いが、ほとんどロープなしで登れる。

画像

小松倉沢との出合

画像

小松原沢に入って最初の滝。
取り付きが難しい滝だつたが、ハーケンが打たれて登りやすくなった。

画像

水量は少なくなるが幅広のナメ滝は続く。

画像

画像

銚子大滝手前の滝の巻道は以外としっかり付いている。
懸垂で大滝下へ降りる。

画像

銚子大滝
水流沿いを登れそうだ。
巻道は不明瞭だ。

画像

大滝上の小ゴルジュ入口
へつりの練習に良いところだが、ゴルジョ内の滝場はシャワーとなるところがあるので泳いだ方が良いか。

画像

画像

画像

小ゴルジュは大きな滝がないので楽しい。

画像

画像

源流部は、しばらくブナ林の中を大きな釜を持ったナメ滝が続く気持ちの良いところだ。

画像

奥二又は右を行く。

画像

右沢入口の傾斜の強いナメ。
このナメを越えると源頭部の穏やかな渓相となり、登山道はすぐだ。


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (入門&ガイド)
山と渓谷社
手嶋亨

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (入門&ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

bema
2016年06月16日 07:04
ブナ林の中の幕場は最高でした。河原から離れたところの焚火後の処理も勉強になりました。
あわてん坊
2016年06月16日 09:09
とても綺麗な沢でした。
ブナの中での泊まりも素敵でした。
大漁のおさかな祭りも最高!!
ch
2016年06月16日 09:16
癒しの沢でしたね。
へつりでは、いいところまで行けたのに、突破できず残念でした。
c-chan
2016年06月20日 11:11
東北の沢は本当に綺麗ですね!
朝、白い蚊帳越しに見えるブナ林は忘れらません!!

この記事へのトラックバック