丹沢・中川川東沢ゴーヤ沢ヤビキ沢

画像

5/8初心者・初級者の講習会で西丹沢のヤビキ沢へ行く。ほとんど紹介されていない沢だが、地元の方たちにはナメの綺麗な沢として良く登られているようなので初心者の講習会で組んでみたが、沢自体は、ほとんどがガレガレの沢でナメの部分も短すぎるようだ。むしろ、水が涸れてからのガレ場登りの方が、慣れない初心者、初級者には落石する危険が多く神経を使う。ただ、これも勉強なのだが・・・。
ここは下山にとったヤビキ沢と石棚沢の境界尾根の方が読図の良い勉強になる。

画像

つつじ新道をゴーヤ沢出合まで辿り、ゴーヤ沢出合で沢装備を付ける。

画像

ヤビキ沢との出合までは荒れた河原の中に堰堤が続く。

画像

ヤビキ沢出合
ガレガレの出合だ。

画像

ヤビキ沢に入るとすぐにナメが出てくる。

画像

あっという間にナメ床は終わる。

画像

画像

画像

画像

続いて現れるナメ滝部分が、この沢のハイライトか?

画像

ヤビキ沢二俣

画像

左俣にすぐ滝が懸かる。一見左壁が登れそうだが外形しており難しそうだ。右壁がシャワークライムでなら登れるが、水が異常に冷たい。

画像

通常左のガレ斜面から高巻くようだが、右の方が簡単そうなので右から高巻き、沢床へは懸垂下降の練習を兼ねて下る。

画像

画像

画像

続く滝はロープなしでも登れるが、リード、確保練習のために参加している中級者コースの方にフリーで登ってもらう。

画像

リード、確保練習をした滝を登ると、すぐに水が涸れる。

画像

しばらく涸れ棚が続く。

画像

上部はガレガレの急斜面の沢床が続く。
落石要注意の所だ。

画像

途中から踏み跡を辿り登山道に上がる。
沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あわてん坊
2016年05月09日 14:20
今回もまた沢山勉強になりました。
自分が実際に行うとなると緊張と不安が、、、、
落ち着いてと思いながらもあせってしまいました。
でもとても楽しかったです。
新しいメンバーのみなさんと一緒に歩けて
良かったです。
今回の反省を踏まえてまた自分のクラスで頑張りたい
です。
引き続きご指導のほどよろしくお願いします。
塾長
2016年05月09日 15:19
もっと自分に自信を持ってください。
以前のあわてん坊さんではないのですから。

この記事へのトラックバック