奥多摩・日原川倉沢谷塩地谷

画像

4/16初心者・初級者の講習会で奥多摩の塩地谷へ行く。塩地谷は、長い詰めや高巻き、懸垂下降、ロープを使った登攀、トラバースなど、沢登りの技術、体力付けにうってつけの沢なのだが、指導する側にとっては、倉沢谷林道の悪路、長い詰めは精神的にも、体力的にもつらい沢でもある。沢登り初心者の方たちにはかなりプレッシャーもあったようだが、今回は実践沢登り2回目ということもあり、前回の軍刀利沢よりは楽だったようだ。やはり、慣れと経験は大事だ。これからも、1つ1つ経験を積み上げて、沢登りの技術を学んでいってほしいと願う。

画像

地蔵滝まではゴーロが続く。
苔がびっしりと張り付き、非常に滑りやすい。

画像

画像

地蔵滝は右岸の山道までガレガレの急斜面を上がり高巻く。

画像

滝上に懸垂2ピッチで下る。
懸垂下降の良い練習になるところだ。

画像

F2までのゴルジュの中は、沢登りのイロハの詰まった良い練習場だ。

画像

ゴルジュ出口手前の大釜を持った小滝
この日は、F2上の大ゴーロ帯脇の登攀に時間がかかるので山道に出て高巻く。

画像

小屋跡付近は広々としたところだ。

画像

苔むした沢床が続く。

画像

画像

大釜を持ったトイ状の滝は突っ張り登攀の良い練習場だ。
この日はヌルヌルの苔が張り付き、いつもより難しくなっている。

画像

河原上の所は、沢床に倒木が多い。

画像

小滝の多い沢だが、ヌメヌメの苔で滑りやすい。

画像

右岸に山道跡の石垣の残るところに懸る滝はロープを使って。
ここからが、この沢の核心、長い詰めの始まりだ。

画像

バテバテになりながらようやく一杯水の登山道に。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あすか
2016年04月18日 00:53
前回よりもながーい行程なのに軍刀利沢より短く感じたという感想には驚きました。
1回行っただけでもずいぶん違うんですね。
私はどうも落ちすぎる点をなんとかしないといけないのを再確認です・・・
塾長
2016年04月18日 17:03
ホールドの取り方、足の置き方、踏み込み方、体重移動の仕方が悪いと思います。岩登りの変な癖を直すのは、なかなか難しいです。前の人の登り方をよく観察して、研究してみてください。

この記事へのトラックバック