丹沢・中川川笹子沢左俣

画像

4/9中級者の今年最初の沢登りの実践講習会で笹子沢へ行く。この沢は、水量は少ないが、滝が適度に懸り、特に左俣の出合から続く滝場は、中級者を目指す人たちにとっては程よい練習の場だ。中級者の講習では、難しい滝の登攀はロープを使うことが多いが、高巻きではほとんどロープを使うことが少なく、いろいろな意味で気を抜くことのできない難しい巻きが多くなる。今回も2か所で高巻きのルート取りを学んでいただいたが、指導する側も、中級者の講習では、参加者のレベルを上げるためのルートの選択は、危険と安全との兼ね合いから難しいルート取りを迫られ、精神的に疲れる。沢登りは自己責任でしか語れないが、何が危険かを学ぶのは、いろいろな山域の沢を数多く登り、経験することしかない。

画像

林道終点の奇妙な堰堤が、この沢の入り口だ。

画像

二俣手前までは堰堤が続き、山道がある。

画像

二俣。
正面は右俣の出合に懸る大滝。

画像

画像

左俣の出合に懸る滝。
ルンゼを登り、滝落ち口をトラバースして滝上に出る。

画像

左俣F2の登攀が、この沢のポイント。
巻いた方が安全だ。

画像

F3は直滝で登れず高巻く。
高巻きは左右とも可能だが、左岸の方が難しくない。ただ最後は懸垂になる。
今回は、右岸を高巻く。右岸を巻くパーティがほとんどのようだ。

画像

F3の上の河原

画像

画像

適度に滝場が続く。

画像

水が枯れるのが早く、ガレガレの沢床となる。

画像

涸れ棚は岩が脆く、剥がれやすいので注意が必要だ。
このような沢では当たり前なのだが。経験するしかない。

画像

見た目ホールド豊富で登れそうだが、岩がボロボロで、不用意に取りつくと身動き取れなくなる。

画像

左岸を高巻き、懸垂で沢床へ。

画像

奥二又

画像

左沢から左沢の二又右源頭を登山道へ上がる。


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

bemasa
2016年04月13日 00:26
確かにF2は緊張しました。巻くか登るか判断が難しいですね。
あわてん坊
2016年04月13日 09:36
どんどん難しくなっていきますね。
こなしていくだけでいっぱいいっぱいです。
いつになったらゆとりをもって登れるのでしょうか。
めげずに頑張ります!!
塾長
2016年04月13日 10:47
まだ始まったばかりです。中級の沢は難しいところが多いですが、きれいな沢が多いので、満足感や達成感は初級の沢とは全く違うと思います。
chiharu
2016年04月13日 14:57
脆い岩には、気をつけなければならないことを身を以て知りました。確かめたときは大丈夫そうでしたが、まさかポロリと取れるとは。。
c-chan
2016年04月14日 13:11
中級の沢の難しさ・怖さを痛感した1日でした。
それを見ている塾長の精神的疲労もお察し申し上げます。

この記事へのトラックバック