丹沢・大滝沢鬼石沢

画像

11/15講習会で鬼石沢へ行く。当初の予定は本間沢だつたが、土日とも雨天予報で林道が通れない可能性があったため、雨天の方が水量もあり楽しめそうな鬼石沢に変更して行う。前日の土曜日は、さすがに冷たい雨予報だったため、予定の大山川は中止。土曜日参加の方の一部が日曜日に回っていただいたため、久しぶりに大人数での遡行となる。天気は、午前中は雨の予報だつたが、入山するころには雨も上がり、蒸し暑い1日で、普段水量の少ない鬼石沢も、この日は水量も多く、良い講習となったようだ。

画像

一軒家避難小屋脇の仕事道を辿り、F1手前から入渓する。

画像

F1は濡れるのを嫌って中断から直登する。

画像

画像

F2はSさんリードで左壁を直登する。

画像

滝上に仕事道が下りてくる。

画像

石積み堰堤
この上流にも遡行した沢に2つ石積みの堰堤がある。

画像

仕事道が沢沿いに続くところは平凡な沢歩きが続く。

画像

画像

仕事道が沢から離れると登れる滝場が続く。

画像

画像

CS滝は大岩の中から

画像

堰堤の上に大岩が

画像

しばらく平凡な沢歩きが続くが、左俣奥の1030m二又から滝が出てくる。

画像

CS滝がこの沢で一番大変だったか?
ショルダーで上がり、後続はゴボウで。

画像

1170m付近でCSの涸滝を嫌い、先頭は左斜面から登山道に上がる。

画像

一登りで登山道に上がる。
靄の中から暖かな日差しが差し込む。


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

chiharu
2015年11月17日 15:30
私以外みなさん揃ってたのですね。毎週行かないと変な感覚です。今年の沢シーズンが終わってしまうのがさみしく、今から来春が待ち遠しいです。冬の間にパワーアップしなければ。
あわてん坊
2015年11月17日 15:42
トップを歩くのは大変でした。まだまだ地図の見方が
わかりません。もっと勉強をしなければ、、、
Nさん他の方々の助言のおかげでなんとか無事に
歩くことができました。
変な汗も沢山でましたが、とても楽しかったです。
周りをもっと見なければ行けないと思いました。
いつも足元ばかりみているので、、、
これからももっともっと頑張りたいと思います。
塾長
2015年11月17日 19:41
トップを歩くことは沢登りでは非常に重要なことです。特にKさんは他の人に頼りすぎるきらいがあるので、もっとトップを歩いてもらいたかったのですが、まだトップを歩いてもらうには不安要素が多いです。
c-chan
2015年11月18日 14:54
登れる10m越えの滝が二つ、ショルダー&ゴボウの滝が二つ、鬼石の名の通り、巨岩の中を通ったりと、とても面白い沢でした。F2をリードできないと中級は難しい…まだまだだなぁ!とつくづく思ったのでした。

この記事へのトラックバック