八幡平・葛根田川

画像

10/10-12沢登り教室の講習会で葛根田川へ行く。この時期の葛根田川は紅葉が素晴らしく、特に晴れた日はえも言えぬ美しさだ。ただ水量の多い沢なので、初級者の方たちでは少しでも増水すると遡行できないこともある。予報によると初日は晴れ、二日目は午後から大荒れの天気になるとのこと。前日葛根田川の水量を下見していて、それほどでもないことは分かっていたが、今回参加の皆さんには少し気になる水量でもあった。ただ初日は快晴の素晴らしい天気に恵まれ、真っ青な青空と木々の紅葉、紅葉に映える葛根田川の白っぽいナメ床とエメラルドグリーンの水の色は、その不安を一掃してしまうほど見事な景観を我々に見せてくれた。二日目は予報よりも天気が悪く、朝から小雨模様の天気だったが、前日に滝ノ又沢出合近くまで来ていたので、午前中に八瀬森湿原の登山道に上がるも、午後1時過ぎごろから雨風が強まり、予報どうりの悪天候となり、暴風雨の中を大深山荘へ。最終日も冷たい強風が吹く中を松川温泉に無事下山する。

画像

水量の多い川だ。
徒渉点の見極めが難しい。

画像

大ベコ沢出合
川幅が狭まり、水流に足元をすくわれないよう気が抜けない遡行が続く。

画像

素晴らしい紅葉だ。

画像

お釜のゴルジュ手前のゴルジュも気が抜けない。

画像

ゴルジュを抜けると素晴らしい景観が広がる。

画像

画像

画像

お釜のゴルジュを遡行する。

画像

お釜を抜けると白っぽい滑床が続く。

画像

大石沢出合
水量が二分する。

画像

大石沢出合上も素晴らしい渓谷美を見せる。

画像

次第に川幅が狭くなってくるが、難しいところはない。

画像

葛根田の大滝は左岸に明瞭な巻道がある。

画像

葛根田の大滝を超えると平凡な沢歩きとなる。
泊り場となる滝ノ又沢との出合は近い。

画像

画像

滝ノ又沢との出合には良い泊り場があるが、今回は少し手前の広い河原で泊まる。
2日目は小雨の中の遡行となる。

画像

北ノ又沢左俣出合の滝を登る。

画像

左俣は出合からしばらく傾斜のあるゴーロが続く。

画像

ゴーロを抜けると小川のような流れが奥二又まで続く。

画像

奥二又を過ぎるとナメの小滝が続くようになる。

画像

左俣右沢の大滝
右岸に巻道がある。

画像

続く滝はSさんリードで右壁を登る。
ホールドが細かく、初級者には難しい登攀だ。

画像

滝上からは源頭部の渓相となり、八瀬森湿原を目指す。

画像

忠実に沢型を進むと八瀬森湿原に飛び出す。

画像

午後からは急激に天候が悪化、暴風雨の中を大深岳を経て大深山荘へ。


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (入門&ガイド)
山と渓谷社
手嶋亨

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (入門&ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あすか
2015年10月15日 23:20
2日目からの天気は残念でしたが、きれいな沢でした。
また行きたいなあと思いました。
bemasa
2015年10月16日 08:33
初日は本当に素晴らしい景観を堪能できました。枝沢にかかる滝も見事でした。大深沢もいつか行きたいものです。
あわてん坊
2015年10月16日 10:17
初日は本当に素敵でした。サイコウ~
翌日はすごーーく寒かったです。
でも無事に小屋まで行けて良かったです。
後半は登山道歩きでしたが今回行けなかった沢に
ぜひ 行きたいです。
塾長
2015年10月16日 10:24
素晴らしい紅葉に映える葛根田川の渓谷美を堪能できたと思います。これも晴れていたからこそですが、2日目以降の荒れた天気の中での行動も良い経験になったと思います。山は何が起きるかわかりません。天候の急変にも対処できる体力、経験も教室の講習会だからできることです。
chiharu
2015年10月16日 21:37
晴れ女(最近パワーが薄れてますが)の私は、あんな天候はほとんど経験したことなく、とても貴重な経験になりました。
c-chan
2015年10月19日 13:14
悪天候時はウエア等の差が出るとつくづく感じました。寒さに弱い自分は、これからも十分に肝に銘じたいと思います。
今回は、水汲み・水たまりでのイモ洗い(笑)・ビリー缶洗い等、bemasaさん大活躍の巻でした。黒一点、つい頼りにしてしまいました。。。
ありがとうございました!!

この記事へのトラックバック