武尊・塗川西俣沢

画像

9/6講習2日目は上州武尊の西俣沢。この沢は、数年前、林道終点に止めていた車を釣り人の嫌がらせでタイヤ3本を刃物で切られる被害のあった因縁の場所だが、今月の課題の藪漕ぎの沢としては非常に良いところだ。ここは太い笹の密集した藪の多いところで、西俣沢の詰めは、この藪漕ぎ講習にピッタリ、忠実に詰めなくてもいくらでも藪漕ぎ講習のできる沢だ。難点は、中流部までの滑りやすい沢床と上流部二又手前の両岸狭まったゴルジュ内に懸るCS滝の高巻きだ。この日は午後から雨となり、雨の中の遡行と高巻きの藪漕ぎ、詰めの密藪漕ぎに意外と時間が掛かり、下山は19時近くになる。

画像

水量が多く、釣り人好みの渓相の続く沢だ。
ただ魚は少なく、ほとんど魚影を見ない。

画像

樹林に覆われた暗い沢で、沢床の岩はツルツルに磨かれ、非常に滑りやすい沢だ。
滑りやすい沢床に、意外と遡行に時間が掛かる。

画像

画像

画像

傾斜の緩やかなナメ滝の続く沢だ。

画像

画像

柱状節理の滝
深い釜が多い。

画像

地層の見られる側壁の壁もあり、なかなか見どころ満載の沢だ。

画像

シロビレ沢出合

画像

魚止めの滝は、以前は左壁をきわどいバランスクライミングで登れたが、岩が脆く、今は右岸の草付斜面を登り高巻く。

画像

画像

一見登れそうもない滝でも、ルートをよく見れば登れる滝も多い。

画像

画像
画像

中・上流部は意外に立った滝が多いが、簡単に巻ける。

画像

透き通った大きな釜も多く、この釜の綺麗さについ見とれ、不覚にも滑って転倒してしまう。

画像

いつもは右岸の岩と草のミックスした斜面を登り、笹の藪との境界線を伝って高巻き、懸垂で滝上に出るところだが、今回は、右岸の高巻きに不安のある方たちが多かったので左岸の巻を選択する。こちらは笹の密藪の高巻きで、断然こちらの方が安全だ。

画像

画像

滝上もナメの小滝が連続する。

画像

画像

笹が沢床にかぶってきてもナメ滝は続く。
水がほとんどなくなると笹が狭い沢床を覆い、非常に歩きにくくなり、完全に沢床が笹の密藪に塞がれる手前から稜線の登山道に向けて笹の密藪との格闘が始まる。



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (入門&ガイド)
山と渓谷社
手嶋亨

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (入門&ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あわてん坊
2015年09月08日 14:28
昨日とは違って雨の中の沢となりました。
なんといっても下山のアスファルトがきつかった。
足がカチカチでした。
ヤブ漕ぎは昨日の分までがんばった気がします。
でも やっぱり楽しかった~~。バンザーイ!!
塾長
2015年09月08日 16:54
今回は、私も疲れました。
ここの笹は密で太く、厄介な笹薮ですが、雨も追い打ちをかけたようです。ゲレンデのアスファルトの林道は腰と膝にかなり来ました。
c-chan
2015年09月10日 09:38
今回のテーマが「藪漕ぎ」と言うだけあって、太さ・丈・密度、三拍子揃った立派な笹藪でした。(汗)
雨が降ると登山道は寒いですね。アスファルトの林道に出たら、膝が痛いのを忘れて思わず走ってしまいました。
それもこれも、終わってしまえば…
あ~楽しかったぁ!!

この記事へのトラックバック