奥秩父・本谷川金山沢(イサゴ沢)

画像

7/12講習2日目は奥秩父の金山沢。予定は南アの尾白川鞍掛沢だったが、この週は雨が降り続き、尾白川がかなり増水して、参加の方たちのレベルでは、尾白川遡行は難しいとの判断から急遽変更する。金山沢はかなり昔に1度遡行したことがあるが、ほとんど記憶になく、ネットの記録からF2のCS滝の登攀がポイントのようだ。参加者のレベルで登れるか不安はあったが、少しずつでもレベルを上げていかないと来年その上のレベルの開催は難しい。F2はやはり皆さんのレベルでは難しく、ゴボウでの引き上げとなったが、その他はほとんどガレ沢。講習場所としてはあまり良い選定ではなかったが、直前で場所変更を迫られた場合、初級者の講習場所の選定は難しい。

画像

地形図上の林道は、すぐに橋がなく車では入れない。
ただオフロードバイクで林道に入る人たちがいて驚く。

画像

最終堰堤から入渓する。

画像

F1は、簡単に右岸から巻ける。

画像

ポイントとなるF2CS
今回は右壁を上るが、最後がツルツルの壁。左のCSからも登れるようだが、水量が多く、かなり水を浴びそうだ。ここは標高が高く、異常に水が冷たい。

画像

F2の登攀

画像

続く滝の登攀
リードする場合、このラインが読めるかどうかだ。

画像

画像

F2に続く小滝を登ると、後はガレた沢床となり、その中に滝が点在するようになる。

画像

画像

いずれの滝も簡単に登れる滝ばかりだ。

画像

大日沢との出合

画像

大日沢出合を過ぎると傾斜がきつくなり、ガレガレの沢床に倒木が多くなり、奇岩が目につくようになる。

画像

台形岩?

画像

ビラミッド岩?

画像

ピラミッド岩を超えたところからの鷹見岩

画像

ナメ床が突然現れる。

画像

沢の詰めはガラガラのルンゼ状となり、左の樹林帯に逃げ、樹林帯をあがると登山道に出る。


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

chiharu
2015年07月23日 14:09
F2で撤退にならないで良かったです。が、あれをリードできるようになるには、まだまだ修行が必要ですね。
あわてん坊
2015年07月23日 14:27
ガレ場もものすごく緊張しました。
もちろんF2はまるっきり登れず持ち上げていただきましたが、、、
もっともっと経験が必要です。
塾長
2015年07月23日 19:55
皆さんのレベルではF2のリードはまだ無理です。
この沢はF2だけだった気がします。

この記事へのトラックバック