秩父・中津川大若沢

画像

5/17講習2日目は中津川の大若沢。この沢は非常にきれいな沢で集落の水道水として使われていたこともあり、、大きな釜を持ったきれいな滝も多く、沢沿いに遊歩道が設置されているので初級者でも楽しく沢登りのできる沢だ。ただ昨年大水が出たのか遊歩道がいたるところで崩落し、現在修復工事中のため工事関係者以外通行止めだ。ここはアズマシャクナゲの自生地として知られる所だが、シャクナゲのほとんどが枯れたような状態で、花や蕾は全くなく、寂しい限りだ。沢もコケがびっしりと貼りつき、滑りやすく初級者には結構緊張される場面もある。

画像

画像

以前あった木橋が流され、現在修復工事中だ。
沢登りでは、道型があるだけで十分だが、遊歩道は通行止めなので、工事をしているときは入渓を断られるかもしれない。

画像

勘兵衛の滝から入渓する。
天気が良く、新緑が眩しい。

画像

不動滝はフリクション登攀の練習に良い。

画像

金山沢が出合うとゴルジュ帯が始まる。

画像

出合の滝を登るとすぐに深い長淵が現れる。
足の短い人や女性陣には結構シビア。

画像

長淵上の滝を登る。

画像

積極的に水に入って突破する方が面白い。
ツッパリ登攀の練習。

画像

結構シビアなヘツリもある。
落ちても水の中なのだが・・・。

画像

渓相はなかなか良い。

画像

造林小屋跡は休憩ポイント。
春ゼミが鳴き、新緑が眩しい、まさに沢の春本番だ。

画像

小屋跡の脇に流れ込む沢は、水量が多く、すぐに滝場となり、中流部にはワサビの自生地もあって登っても面白いかもしれない。ただ下山ルートが難しいかも。

画像

魚止め滝
登攀は左側だが、ヌルヌルスベスベでかなり厳しくなっている。ここは素直に右のガレ場から山道に上がる。

画像

長滑沢出合下の滝を登り、長滑沢出合で遊歩道に上がった方が良い。
以遠は、苔むしたゴーロ状の沢となり、遡行価値は少ない。

画像

最後は、特大のヤマカガシのお出迎え。
ヤマカガシに睨まれ、カメラを持っ手も震えピンボケ写真に。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

「秩父・中津川大若沢」について
2015年05月19日 21:07
ヤマカガシデカいですね。アップ欲しかったです。
この界隈ほとんど足を踏み入れたことないので、気になります。神流川流域も含めてデス。
沢ヤカ男
塾長
2015年05月19日 21:39
これでもアップで撮った写真です。久しぶりに大きなヤマカガシを見ました。かな首をあげて、かなり威嚇的なポーズで我々を睨みつけていました。
神流川流域では広河原沢左俣や中津川のムジナ沢がほとんど記録がないけど面白そうです。
chiharu
2015年05月19日 23:20
綺麗な沢でしたが、鹿の残骸がいくつもあったのが一番印象に残ってます。
新しく買ったモンベルのシューズで、これからは頑張りたいと思います。
あわてん坊
2015年05月20日 10:18
とても綺麗な沢でした。
いろいろな生き物?にも会えたし、、
遊歩道が一番恐ろしい!!でした。
塾長
2015年05月20日 17:40
昨年か一昨年、かなりの大水が出たのでしょうね。自然の力は人間には太刀打ちできません。動植物も同じです。シャクナゲが枯れたようになっているのもそれが原因かもしれません。

この記事へのトラックバック