奥多摩・日原川倉沢谷塩地谷

画像

4/26講習2日目は日原の塩地谷。講習会では毎年来ていた沢だが、倉沢谷林道が悪く、車を普通車に替えてからは計画しなくなった沢だ。ただ、この沢は初心者、初級者の講習会には良い沢で、水量も多く、登り方によって色々な沢登りの技術を学んでもらうことができる。ただ、昨年の腰の手術のブランクは大きく、上部の詰めに体力的な不安を残しての講習だ。倉沢谷の林道は相変わらず悪く、車高の高い四駆の車以外は不可だ。倉沢橋から歩くと集合時間を早めなくてはならない。沢はほとんど変わったところはないが、滝壺がかなり埋まっている。

画像

出合に降りる所はかなり急だ。

画像

塩地谷出合

画像

地蔵滝までゴーロが続く。

画像

画像

地蔵滝はガレ場の高巻きの良い練習になる。

画像

滝上には懸垂2ピッチで・・・。
ここでも懸垂下降の練習。

画像

地蔵滝から続くゴルジュ出口の滝
釜が深く、泳ぎになるので、ここは右岸から巻く。

画像

巨大な大岩の挟まったCS滝
いつもは右岸の崩れそうな岩面を登るのだが、木の根がかなり腐っているので、今回は安全を期してザレ場から高巻く。高巻きの良い練習になった。

画像

山道が対岸に渡る小屋跡。
山道は棒杭尾根に続く。

画像

小屋跡上の3×4mの滝は滝壺がかなり埋まってしまった。

画像

画像

7m滝の巻はフィックスロープでの岩場のトラバースの練習に良い。

画像

小滝ながらも適度に滝場が続き飽きない。

画像

画像

CS6mの滝を登ると延々と続く単調な詰めが待っている。

画像

画像

最後の二又出合下の滝を登ると水が消える。

画像

辛い詰めが続く。

画像

下山は棒杭尾根を下る。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

chiharu
2015年04月30日 14:23
沢のなかよりも、高巻や懸垂下降の時間の方が長かったですね。2ピッチの懸垂下降は、下がまったく見えず、どんな下降になるのか不安でしたが、不思議なワクワク感もありました。最後のダラダラした詰めは、堪えました。もっともっと体力をつけなければ。。
塾長
2015年04月30日 22:11
手術の為のブランク期間が長かったのか、自分の体力低下を実感した講習でしたが、あの詰めが堪えるようではまだまだですね。

この記事へのトラックバック