奥多摩・南秋川矢沢軍刀利沢

画像

4/25講習会で軍刀利沢へ行く。当日は、予報どうり午後から雷雨となり、久しぶりに雨の中の沢登りとなる。今回の講習は、軍刀利沢を遡行して熊倉沢左俣の東沢を下降する計画だつたが、以前にもまして沢床のヌルヌルの苔は滑りやすく、遡行スピードが遅くなる。また午後からの本格的な雨に軍刀利沢の遡行だけで時間切れ。いつもの山道を下り、矢沢林道に出る。

画像

軍刀利沢入渓点
矢沢林道は林道崩落のため通行止めとの標識が落合橋の所にあるが、崩落個所はなく、むしろ上部の伐採作業に支障が出るので通行止めにしていると思われる。

画像

ヘツリの練習をする下流部の小ゴルジュも、今回は水流を進む。
やはり春先の方が講習会には良い。

画像

滝場が適度に続き、初級者の講習には最適な沢だ。

画像

画像

一昨年の大雪の影響が残り、倒木が沢床を塞ぐ。

画像

CS滝はツルツルの左壁を登る。
スラブ登攀の練習に良い。いつもは、ここでプルージック登攀の練習をするのだが・・・。

画像

続く斜滝は初級者のリード、確保の練習に良い所だ。
ただ、ここも滝上に確保用なのかハーケンが打たれてしまった。
ガイドブックに紹介されている沢は、やたら人工物が多いのは残念だ。

画像

画像

大滝は高巻きの練習になる。
滝上は倒木が沢床を埋める。

画像

大滝上の滝も倒木が邪魔をする。

画像

沢床はヌルヌルでよく滑る。

画像

ヘツリの練習に良い所。
ここも春先なら水に入らずにヘツるのだが・・・。

画像

ここもトラロープが張られている。

画像

画像

最後の滝は落ち口が要注意だ。

画像

滝を越えると穏やかな渓相に。
この付近から雷が・・・。

画像

ピタリと三国峠に詰めあげる。


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

bemasa
2015年04月30日 15:17
ツルツルの滝場は油断しているとツルっていってしまいますね。慎重に登らんといけないと勉強になりました。
あわてん坊
2015年04月30日 15:36
雷の中そして雨でしたが、なかなか楽しかったです。
ツルツル滑るのは毎度のことですが、今回はさらに注意をしながらでした。またもや勉強になりました。
塾長
2015年04月30日 22:05
今回は、特に滑りやすくなっていたので仕方がないのですが、今年の方たちは、全体的に遡行スピードが遅いようです。来年中級に進むためにはもっとスピードアップできないとかなり厳しいです。
あすか
2015年05月01日 07:19
スピードアップとなると、やはり体力なんですかねえ…。
塾長
2015年05月01日 09:04
沢登りは一に体力、二に体力といわれるほど体力が必要です。体力が付けは余裕ができ、周りを見ることができるようになるので、ルートファインデング力や沢登りの技術は自然と身に付いてきます。
ただ沢登りの体力は沢でしかつかないので、とにかく沢に行くことです。
あわてん坊
2015年05月01日 14:58
周りも少しづつ見れてきて慣れてきたように思っていましたが、、やはりまだまだですかーー
めげづにがんばります!!!

この記事へのトラックバック