南会津・山毛欅沢山~小手沢山

画像

3/28-29講習会で南会津の山毛欅沢山と小手沢山へ行く。ここは登山道はなく、残雪期に登られる山だが、近くの三ツ岩岳や窓明山に比べれば登る人も少なく、静かな山歩きを楽しめるところだ。ここの春山講習は2度目。前回は6年前の4月の上旬、雪に乗るまでの藪に苦労した山だが、今回は鳥井戸橋からびっしりと雪が残り、先行者のトレースもあり、無風快晴の良い天気に恵まれ、比較的に楽な講習となる。今回は1年7か月振りの泊りの講習。腰の手術後、泊りの荷物を背負うのは不安があったが、何とか無事に講習を終えることができた。

画像

鳥井戸橋の脇から沢に懸る鉄板橋を渡り尾根に取り付く。

画像

先行者のトレースがあり助かるが、しばらくは急登が続く。

画像

尾根左側は杉の植林帯だ。

画像

尾根上を不安定なデブリが埋める。

画像

尾根が右に曲がる所から周りはブナ林に変わる。

画像

ブナ林の気持ちの良い尾根だ。

画像

画像

幽ノ沢側が切れて展望が良い尾根だ。

画像

P1285でようやく山毛欅沢山(ぶなさわやま)が見えてくる。

画像

P1285を超えるとなだらかな尾根が続く。

画像

1330m付近のだだっ広い雪原を今宵の宿とする。
ブナ林に囲まれた素晴らしい所だ。

画像

明日天候が悪くなるとの予報なので、この日のうちに山毛欅沢山と小手沢山に登ることに。

画像

窓明山、三ツ岩岳方面の展望が広がる。

画像

山毛欅沢山に大きな雪庇ができている。

画像

山毛欅沢山と小手沢山との分岐
先行者のトレースは小手沢山の方へ向かっている。

画像

山毛欅沢山は雪庇の上だ。

画像

山毛欅沢山から窓明山、三ツ岩岳方面を望む。

画像

分岐に戻り小手沢山を目指す。

画像

小手沢山方面はなだらかな雪原の広がる尾根だ。

画像

小手沢山を望む。

画像

小手沢山山頂に先行者の方たちがテントを張っている。
山頂の周りはダケカンバだ。

画像

山頂を後にしテント場を目指す。

画像

雪山テント泊初デビューは無風快晴の暖かなテント場
雪のテーブルを囲み夕食を楽しむ。

画像

翌朝、テント場から見た日の出

画像

午後から崩れる予報に早々と下山する。

画像

急なヤセ尾根は慎重に下る。

画像

最後は尻セードで鳥井戸橋へ下る。


入門&ガイド 雪山登山 (ヤマケイ入門&ガイド)
山と渓谷社
野村 仁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 入門&ガイド 雪山登山 (ヤマケイ入門&ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



新版・日本雪山登山ルート集
山と溪谷社
中村 成勝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新版・日本雪山登山ルート集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

chiharu
2015年03月30日 23:35
残雪期の山、話に聞いてた通り、最高でした!下りで、熊の足跡を見つけたのはギョッとしましたが・・・。
塾長
2015年03月30日 23:44
かなり大きな熊の足跡でしたね。たぶん、まだ近くにいたと思いますが、奥多摩、丹沢の熊と違い、めったに人前に出てこないですよ。
あわてん坊
2015年03月31日 09:23
今回の雪山登山も最高でした。
雪の中での泊まりも意外と暖かく楽しかったです。
天気にも恵まれて日焼けした首がとても痛いです。
塾長
2015年03月31日 09:35
雪山初のテント泊、天候に恵まれ、最高の条件でしたね。
春山は厳冬期と違い、天候に恵まれることが多く、初心者が雪山を始めるには良い季節です。
bemasa
2015年04月04日 19:15
暖かな中、比較的締まった雪にトレースを付けて歩くのは最高に気持ち良かったです。

この記事へのトラックバック