妙義・中木川谷急沢右俣~左俣下降

画像

11/16講習2日目は谷急沢。カメラ騒動などで出発が遅くなったが、前日とは異なり良い天気に恵まれ、日差しが降り注ぐ沢でもあったので、紅葉に彩られた妙義の沢を皆さん十分に楽しまれたようだ。今回の講習目的は沢登りの経験を積んでもらうことがメイン。沢登りは、色々な山域の、多くの沢を登ることで、多くの経験が得られ、結果として沢登りの技術が身に付くものなので、いかに多くの経験を積むかが大事だ。しかし、ただ漠然と人について行くだけでは身に付いてくるまで何年も掛るので、あとは、学ぶという気持ちを持って参加できているかだが…。特に、この時期の沢登りでは明るいうちに下山するための時間配分や山行場所の選定なども講習の目的でもある。
デジカメがないので、この日はスマホで撮る。

画像

          F1

画像

         二俣

画像

右俣は水量は少ないが、滝の多い、コンパクトにまとまった非常にきれいな沢だ。

画像

初級者にも登れる滝がほとんどなので、この時期の講習場所としては最適だ。

画像

  明るく、紅葉時は非常にきれいな沢だ。

画像

  大きな滝も、ロープなしで・・・。

画像

  落ち葉を払いながらの登攀になる。

画像

  最後の滝は右壁を登る。
  左壁も登れるが、岩が脆く、危険だ。

画像

  女道の紅葉は見事だ。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック