奥多摩・盆掘川伝名沢左俣~千ケ沢石津窪下降

画像

10/12講習2日目は盆掘川の伝名沢から石津窪下降。伝名沢左俣はほとんど登られることのない沢だが、石津窪へのアプローチとしては他の支流の中では面白い沢だ。ただここも大雪の影響で林道上の沢床に倒木が塞ぎ、誰もがこんな沢と思う沢だが、意外に盆掘川の支流の中ではきれいな沢だ。石津窪は滝場が多く、特に大滝の下降は、初級者の懸垂場所、ルート取りやセッティング、懸垂下降と云った懸垂の一連の流れを学ぶには良い所だ。

画像

伝名沢にも5m程の滝が懸る。

画像

伝名沢左俣沿いの林道上は倒木が沢床を塞ぐ。

画像

画像

小さいながらもゴルジュや小滝がいくつも懸る。

画像

詰めも意外と倒木は少ない。

画像

画像

画像

石津窪は滝場が多く、懸垂下降やクライムダウンの練習には良い沢だ。

画像

大滝の下降はいろいろ考えさせられる良い場所だ。

画像

画像

大滝下の連続する滝場も懸垂場所、セッティング、支点の取り方、懸垂下降の良い練習場だ。
ここは、遡行するときのポイントとなる場所でもある。

画像

石津窪右俣出合
右俣は40数年前に下った記憶があるような、ないような沢だが、興味をそそられる沢でもある。
沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック