アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「沢登り」のブログ記事

みんなの「沢登り」ブログ

タイトル 日 時
奥秩父・一之瀬川竜喰谷
奥秩父・一之瀬川竜喰谷 6.18初心者・初級者の講習会で奥秩父の竜喰谷へ行く。ここ数年、皆さんのレベルが低く、竜喰谷をセッティングすることが少なくなり、4年振りの講習会だったが、やはり、今年の方たちのレベルも低く、難しかったようだ。ただ入渓者が多く、ポイントごとに余計なものが残置され、巻道もしっかり踏まれており、曲滝の登攀をしなければ、沢自体は登り易しくなっている。今年の竜喰谷は、一之瀬林道が大常木谷入渓点手前の林道が崩落のため、青梅街道の入口から工事による通行止め。落合から大回りしなければならない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/20 19:11
二口・名取川大行沢
二口・名取川大行沢 6.10-11初心者・初級者の講習会で仙台二口の大行沢へ行く。泊りの沢を初めて経験してもらうために毎年この時期に行く沢だが、今年は肝心な時に雷雨となりキャンプ場のバンガローに避難、初の泊りを経験してもらうことができなかった。それでも翌日2段の滝上から遡行し、宍戸沢源頭部の破線ルートから大東岳に登り、表コース登山道を登山口に戻る周遊ルートを日帰りする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/06/14 12:38
奥秩父・大洞川和名倉沢
奥秩父・大洞川和名倉沢 6/3-4中級者の講習会で奥秩父の和名倉沢へ行く。予定では雪渓処理の講習で小出近くの破間川毛の又沢川だったが、天気が悪く、二転三転し、結局天気の良い東京近郊の沢になる。中級者の講習会は、ここ何回も連続して雨にたたられているので、雨予報を嫌っての転進だ。 和名倉沢は、以前は釣り人が多く入渓し、トラブルの多発していたところなので、あまり触手の動かない沢だったが、今は源流釣り師も少なくなったようで、今回も全く他のパーティに合うことはなく、我々だけの沢登りを楽しむことができた。ただ相変わらず二瀬尾... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/06/07 11:29
南会津・蒲生川大白沢
南会津・蒲生川大白沢 5/27-28中級者の講習会で只見の大白沢へ行く。今回は、この時期の沢の恵みと雪渓処理の講習。ただ今回は、これからの中級者の講習会が厳しくなることもあり、少し息抜きも兼ね、沢登りは、沢を登るだけではないことを体験してもらう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/30 17:37
奥秩父・一之瀬川大常木谷
奥秩父・一之瀬川大常木谷 5/21中級者の講習会で奥秩父の大常木谷へ行く。中級者の講習会は、先週土曜日雨天で中止としたため約1月振り。前夜、丹波山の道の駅に泊り、早立ちするも、一之瀬林道が崩落のため通行止め、仕方なく大回りすることとなり、入渓に時間が掛かる。また、今月の講習から皆さんに交代で講習会の山行リーダーとして、リード等を任せることとしたため時間が掛かり会所小屋までたどり着けず、時間切れでカンバ谷からエスケープ。ただ大常木林道は長いので、途中、竜喰谷側の尾根を竜喰谷の中ノ平沢出合まで下り、中ノ平沢から、再度大常... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/05/25 19:27
奥多摩・日原川巳ノ戸谷
奥多摩・日原川巳ノ戸谷 5/14初心者・初級者の講習会で巳ノ戸谷へ行く。6年振りの巳ノ戸谷での講習会だが、前日の雨が残り、沢は少し増水気味で、岩は濡れていつも以上に滑りやすく、今年の皆さんには少しレベルが高かったようだ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/05/15 22:03
大菩薩・葛野川深入沢
大菩薩・葛野川深入沢 5/7初心者・初級者の講習会で深入沢へ行く。今年度3回目の講習会なので、皆さん大分慣れてこられたようだが、今回から遡行図書きも講習に入っているので、また戸惑いもあるようだ。遡行図書きは、自立した沢屋の第一歩なので頑張ってもらいたい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/05/12 12:09
奥秩父・丹波川滑瀞谷火打石谷
奥秩父・丹波川滑瀞谷火打石谷 4/22-23中級者の講習会で奥秩父の火打石谷へ行く。いつもは日帰りで行く沢だが、ここ数年日帰りが厳しくなったので、1泊2日で最後まで詰めあげる。ただ下流部はゴルジュの続く沢で、泊りの荷を背負って登るには厳しい滝が多く、荷上げを多用、おまけに初日の午後から小雨ながら雨が降り続く最悪の天気。2日目も大滝を越えるとガレた小ゴーロが延々と続き、上流部にいくつか懸る滝の登攀にも手間取り、下山の登山道の最後はヘッデンとなる。皆さん、まだまだ沢登りでの危険予知能力が足りないようだが、講習会だから何とかな... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/04/25 20:06
奥多摩・日原川鷹ノ巣谷
奥多摩・日原川鷹ノ巣谷 4/16初心者・初級者の講習会で奥多摩の鷹ノ巣谷へ行く。実践沢登りの2回目は、前回よりも水量が多く、少しレベルアップした場所で、沢下降も取り入れた講習だ。沢は登るよりも下降の方が難しいが、懸垂の練習にも最適だ。鷹ノ巣谷は、従来は体力トレも兼ねて水ノ戸沢を詰め上げ稲村岩尾根の登山道を下るロングコースを講習としていたのだが、私の体力もすでに限界に達しており、指導をしながらのロングコースは時間的にも厳しい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/04/18 16:48
奥多摩・雨降川長久保沢
奥多摩・雨降川長久保沢 4/9講習2日目は、今年最初の沢登り教室での沢登りの講習。場所は奥多摩の雨降川長久保沢。前日の予報では雨の心配はなかったのだが、やはり雨を呼ぶ方がいるようで午前中は雨予報となる。長久保沢は4年振りだが、入口からの山道の荒れ方が酷く、雨乞滝の右岸枝沢からの高巻きもかなり悪くなっていた。源流部は沢床に落ち葉に覆われた雪渓が残り、今年は、まだ雪が遅くまで残りそうだ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/04/11 20:26
奥多摩・南秋川矢沢軍刀利沢
奥多摩・南秋川矢沢軍刀利沢 4/2今年度最初の沢登りの講習会は、初心者・初級者の奥多摩・軍刀利沢。最初の沢登りの講習ということで、初めての方たちは、少し緊張されていたようだが、何とか無事に講習を終えることができた。ただ途中から白いものが山肌に見えていたのが気がかりだったが、標高700m付近から沢筋に雪が現れ、晴れの予報だった天気も雨から雪も降りだし、最後は雪の急斜面の詰めと下山となってしまう。この時期の軍刀利沢は、毎回のように何かが起きる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/04/03 20:47
丹沢・河内川ボウズクリの沢
丹沢・河内川ボウズクリの沢 2/26冬期トレーニング講習最終回は、西丹沢のボウズクリの沢。この沢は登れない滝が多く、高巻きも厳しいので、今年の中級者の皆さんには教室が始まる前の練習には良い沢だ。この日は暖かな日差しに恵まれ、久しぶりに春の沢を感じた1日となった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/03/02 14:32
丹沢・寺ノ沢左俣
丹沢・寺ノ沢左俣 1/15冬期講習会で丹沢の寺ノ沢左俣へ行く。最強寒波の影響で冬でも暖かな寺ノ沢も雪はなかったが、さすがに日が射していても寒く、水流脇や流れのない所はガチガチに凍っており、特に、毎回登っていた三又出合下の15m滝の登攀は断念。初めて右岸から高巻いたが、この巻も悪く時間が掛かってしまった。この沢は、岩が脆いので崩落個所が多く、以前より難しくなっているように思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/16 15:18
丹沢・皆瀬川谷戸入沢右俣〜左俣
丹沢・皆瀬川谷戸入沢右俣〜左俣 1/9冬期講習会の代替え講習で丹沢の谷戸入沢へ行く。当日は、同じ丹沢の寺ノ沢右俣だったが、前日の雨は、こちらでは雪だったようで寺ノ沢橋周辺に雪はなかったが、見上げる山肌は標高400m付近から雪で白くなっており、入渓を断念。山に雪の見えなかった山北へ戻り、皆瀬川支流の谷戸入沢へ入る。こちらは全く雪はなかったが、遡行した右俣は堰堤だらけの沢で沢としての面白味はなく、下降に使った左俣が滝の多い沢で、意外と面白い沢だつた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/01/10 19:32
丹沢・谷太郎川鳥屋待沢左俣
丹沢・谷太郎川鳥屋待沢左俣 12/11冬期トレーニング講習で丹沢の鳥屋待沢へ行く。冬期講習は、来年の中級者の講習会に向けてのトレーニング講習だが、今期は沢、雪山、岩と、教室の始まる3月まで冬眠することなく、体力維持と中級者のためのロープワークを学んでもらうことが主旨の講習だ。1回目は蛭が冬眠中の鳥屋待沢へ沢登り。初級者の講習で行く沢だが、水に出来るだけ浸からないように行くのは難しい。 来週からは3回続けての雪山講習が始まる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/15 16:40
丹沢・大山川
丹沢・大山川 11/23今年度最後の沢登り教室講習会で丹沢の大山川へ行く。最後の講習も、場所の選定から計画、実施とすべて一から自分たちで計画立案してもらう中級者の講習3回目。今回も、最初から最後まですべてをリードしてもらったが、最終日になって、ようやく皆さんのレベルアップを実感できた講習となった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 7

2016/11/28 12:48
丹沢・水無川セドノ沢左俣
丹沢・水無川セドノ沢左俣 11/20中級者の講習会で丹沢のセドノ沢左俣へ行く。今回も場所の選定から計画、実施とすべて一から自分たちで計画立案してもらう講習2回目。予定では土日で今年度のすべての講習が終わることになっていたのだが、土曜日はあいにくの雨と低温で土曜日の講習を23日に延期、日曜日のみの講習となる。この日は、朝方は快晴の良い天気だったが、後はどんよりとした曇り空の1日で、少し肌寒い講習となった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/11/21 19:03
妙義・中木川谷急沢右俣〜左俣
妙義・中木川谷急沢右俣〜左俣 11/13初級者の講習会で妙義の谷急沢へ行く。妙義はヤマビルが多く、ヤマビルが休眠するこの時期、紅葉も見事で、妙義の沢登りにはベストの時期だ。この日は天気も快晴で暖かく、初級者の皆さんは、今年度最後の沢登りを楽しまれたようだ。今回は、中級者の方たちもゲスト参加したが、初級者と中級者の違いを実感できたのでは・・・。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/11/15 21:07
丹沢・水無川新茅ノ沢
丹沢・水無川新茅ノ沢 11/6中級者の講習会で新茅の沢へ行く。11月の中級の講習は、塾生たちに場所の選定から計画、実施とすべて一から自分たちで計画立案してもらう講習。人に付いて行くばかりでは自立した沢屋にはなれない。山行を計画するには、参加メンバーの技量、経験、体力、体調、季節、天候、交通手段等、考えられるあらゆることを考慮しなければならず、また山行場所を探すことは、自身の山や沢への広がりにもつながり、いろいろな山域にも目が向くようになるものと思う。  計画立案するのが初めてなので、どうしてもガイドブック頼りに... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/08 21:06
丹沢・早戸川原小屋沢カサギ沢
丹沢・早戸川原小屋沢カサギ沢 11/5初級者の講習会でカサギ沢へ行く。予定では宮が瀬湖に流れ込む二十女沢だったが、宮が瀬湖対岸の林道へ行く橋の中ほどに厳重な侵入禁止の網柵が作られ入渓不能に。時間も遅くなり、場所が限られる中、転進先をいくつか検討した結果、短時間で行ける近くの原小屋沢カサギ沢へ行くことに。ただ、ここも早戸川林道が最近まで通行止めになっていたが、通行止めが解除されているネットの情報があったので良かったが、場合によっては講習を中止する事態になっていたところだ。急な場所変更だったため、入山が10時半を回ってしまっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/08 16:29
御坂・芦川濁沢
御坂・芦川濁沢 11/3中級者の講習会で濁沢へ行く。この講習は10/30に計画したものだが、午前中雨模様だつたので、この日に延期したものだ。30日とは違い、快晴の良い天気に恵まれたが、この沢自体、日の射し込まない、薄暗い沢なので、寒くなかったのは良かった。ただ、いつもと同じに入渓したにもかかわらず、相変わらずスピードが遅く、下山が暗くなってしまった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/07 21:27
御坂・大幡川四十八滝沢
御坂・大幡川四十八滝沢 10/29中級者の代替え講習で御坂の四十八滝沢へ行く。今年の中級は三連休の講習が二度も悪天候で中止となったため、その代りの講習だが、できれば来年度中級者コースへ進級される方たちも参加できる沢として組む。この沢は、冬期、アイスクライミングの沢として登られるが、別名千段の滝沢といわれるほどに滝滝滝の沢で、難しい滝はないが、細かいホールドを利用した、フリクションとバランスクライミングの滝登りの楽しめる、初級者の講習会の場所としては、なかなか良い沢だ。ただここ数年、登山道入口までの林道の荒れ方が酷く... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/10/31 19:31
那須・阿武隈川南沢
那須・阿武隈川南沢 10/23初級者の講習会で南沢へ行く。この沢は初級者には少し難しい滝が多く、講習会は、ある程度沢登りに慣れ、登攀にあまり不安のない方を対象に組む沢なので、ここ何年かは組機会がなかった沢だ。特に、リードと滝の登攀は中級者としての力量を試すのに良い機会となった。ただ天気は、予報に反して、空はどんよりとした雲に覆われ、冷たい風が吹き荒れていたこともあり、1時雨が降ったこともあるが、非常に寒い1日だった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/10/24 16:40
奥秩父・滝川豆焼沢
奥秩父・滝川豆焼沢 10/9-10中級者の講習会で奥秩父の豆焼沢へ行く。予定は朝日のヌルマタ沢大留沢だったが、天気が悪く、急遽、天気の良さそうな奥秩父の和名倉沢へ変更する計画だったが、予報がころころ変わり、日曜日もあまり良くない予報となったので、午後発でも講習になりそうな豆焼沢へ行くことになる。この沢は釣り人の多い沢なので、禁漁期以外はなかなか組みづらい沢だが、日の短い10月は日帰りではキツイので、沢泊で行く。ただまたまた予報が外れ、雨は降らなかったものの曇り空のうすら寒い講習となってしまった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/10/12 18:16
巻機・登川米子沢
巻機・登川米子沢 10/2初級者の講習会で巻機の米子沢へ行く。今年は暖かい日が続いていたので全体的に紅葉には少し早かったが、上流部は紅葉が始まっていた。ただ天気が今一だったこともあり、遡行パーティは我々を含めて3パーティと少なく、静かな米子沢を堪能することができた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/04 12:54
会津駒山群・桧枝岐川保太橋沢
会津駒山群・桧枝岐川保太橋沢 9/17中級者の講習会で会津駒山群の桧枝岐川保太橋沢へ行く。予定では2泊3日で袖沢御神楽沢だったが、天気が悪く、今の中級の方たちには危険が伴うため中止とし、天気の良いこの日だけ日帰りで登れる沢を登る。保太橋沢は何十年も前に登ったことがあるが、全く記憶に残っていない沢なので、今の方たちには少し不安はあったが、登山道が沢を囲むようにあるので実施する。結果、今の方たちには丁度良い沢だった。ただ途中のだらだらした長い河原とゴーロ歩き、長く急な登山道が玉に瑕だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/09/19 17:21
尾瀬・笠科川タル沢ワル沢〜井戸沢下降
尾瀬・笠科川タル沢ワル沢〜井戸沢下降 9/10初級者の講習会で尾瀬の沢へ行く。予定では、前回行った丸ノ沢左俣だつたが、天気が悪い予報だったことと、当日予定していた西俣沢が、皆さんには体力的にきつく、下山できないことも予想されたので、前回と今回を入れ替え、場所も体力のない方たちにも行けそうな笠科川のタル沢ワル沢右俣〜井戸沢下降を計画したのだが、直前になってその方たちが欠席となり、場所を変えることもできずにそのまま実施する。ただ天気が良く、秋の気配の漂う沢は、また非常に気持ち良く、嫌な気分も変えてくれる。それでもロープを使うこともな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/12 21:44
大源太・登川丸ノ沢左俣
大源太・登川丸ノ沢左俣 9/4講習2日目は大源太の丸ノ沢。予定は上州武尊の西俣沢だったが、天気予報が良くなく、また今年の初級の方たちでは下山が暗くなることが予想されたため、急遽、天気の良い新潟県側の沢に変更する。沢登りを始めた方たちには、アプローチの林道歩きは辛いが、これも沢登りではいつものことだ。天気は、予報どうり晴れたり曇ったりで、午後少しパラパラ来た程度で、むしろ水線遡行を楽しんでもらったので少し寒いくらいだ。今回は変化を付けるためにできるだけ水線突破に拘った遡行をしたため、沢自体は非常に楽しめたようだが、源... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/09/06 12:52
谷川・万太郎谷井戸小屋沢
谷川・万太郎谷井戸小屋沢 9/3講習会で井戸小屋沢へ行く。井戸小屋沢は久しぶりだが、沢自体は変わったところもなく、明るく開けた非常にきれいな沢で、皆さん十分沢登りの楽しさ、素晴らしさを実感できたものと思う。ただアプローチの林道が毛渡沢の橋で工事をしており、う回路として魚野川右岸の狭い林道が4キロほどの区間一方通行の規制がかかり、ここで2往復したことでいつもより少し出発が遅くなったことと、今年の中級の方たちの遡行スピードが今までの方たちより遅いことも影響し、下山が遅くなる。これからの時期は、日没との絡みで場所選定やルー... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/09/06 11:55
越後三山・佐梨川道行沢
越後三山・佐梨川道行沢 8/28中級者の講習会で越後三山の佐梨川道行沢へ行く。当初は27-28の1泊2日で谷川の湯檜曽川本谷の予定だつたが、この週は、連日雨が降り続き、土日の天気も雨予報なので、湯檜曽川を中止し、日帰りで日曜日に天気の良い道行沢へ行く。今回は、参加者のレベルや増水の程度等で場所選定に大いに悩まされた講習会となった。入渓した道行沢も、かなり増水しており、濁りはなかったが水勢が強く、徒渉訓練を終えている皆さんだったので、増水した沢の遡行を経験できたことは良かったのではないかと思う。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/08/30 19:12
越後三山・三国川五竜沢日向沢
越後三山・三国川五竜沢日向沢 8/21初心者・初級者の講習会で越後三山・日向沢へ行く。台風の接近と、前日まで南魚沼地方に出ていた大雨、洪水注意報が気になったが、当日は早朝から良い天気に恵まれ、心配していた水量も普段より少なく、無事に講習を終えることができた。ただこの日は、今までにない猛烈な暑さに全員バテバテとなる。私自身も連日の疲れが一気に噴き出し、さらにはここ何十年と出ていなかった花粉症に悩まされ、塾では一番辛い講習会となった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/08/22 16:39
奥秩父・大洞川荒沢谷
奥秩父・大洞川荒沢谷 7/23-24初級者の講習会で荒沢谷へ行く。いつもは日帰りで行く沢だが、林道を荒沢橋まで行けないこともあり、今年の初級の方たちには無理なので1泊2日で行く。林道が鮫沢橋で通行止めとなっていることもあり、さすがに釣り人も少ないようだが、沢自体、以前とあまり変わったところもなく、順調に予定の泊り場まで遡行する。2日目は大雲沢の急なガレの詰めを避け、北雲沢から雲取山のトラバース道に出る。トラバース道は現在通行止めになっており、道型も分かり難い。下山は三峰神社方面にとったが、途中、ネットの情報から鮫... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/02 12:01
虎毛・役内川湯ノ又沢ガニ沢〜皆瀬川虎毛沢赤湯又沢〜虎毛沢
虎毛・役内川湯ノ又沢ガニ沢〜皆瀬川虎毛沢赤湯又沢〜虎毛沢 7/16-188中級者の講習会で虎毛沢へ行く。中級者の講習会では、この時期毎年行く沢だが、ここ数年中級者の講習を行っていなかったので5年振りだ。3連休ということもあり、他のパーティに合うことを覚悟していたが、悪天予報を嫌ってか3日間沢登りのパーティに合うこともなく、我々だけの沢登りを十分堪能した。ただ、今年の中級者の方たちは、悪天候での沢登りの経験がなく、悪天時の行動を何人の方が理解されたのかは疑問だ。 また今年は、入山点にあった湯ノ又温泉の建物が跡形もなくなくなっていたり、虎毛沢右俣の荒... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/20 12:43
尾瀬・片品川中ノ岐沢小渕沢
尾瀬・片品川中ノ岐沢小渕沢 8/10初級者の講習会で尾瀬の小渕沢へ行く。二転三転しての天気予報だつたが、当日は快晴の良い天気に恵まれ、ナメとナメ滝のきれいな小渕沢とおまけの尾瀬沼を十分楽しまれたようだ。何十年も沢登りをしている者にとってもアプローチの長い沢は辛いのは同じだが、山慣れていない初心者、初級者の方たちには、アプローチが長く、辛いのが印象に残った沢になったようだ。 今年から大清水、一之瀬間をバス運行がされるようになり下山が楽になったのだが・・・。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/07/14 11:36
徒渉訓練
徒渉訓練 7/2中級者の徒渉訓練講習会で丹波川上流部へ行く。当日、都心では30℃を超える猛暑日だったようだが、講習ではほとんど水に浸かっていることが多く、水から出ると震えが出るくらい寒く、たき火が欲しいくらいだった。 講習では徒渉点の見極め方やスクラム徒渉、ロープ徒渉、ザックピストンなどを行ったが、これが、以降の皆さんの沢登りに大いに役に立つものと思う。今回で中級者の技術訓練講習はすべて終了したが、これからは現場で多くの沢の経験を積んで行ってもらいたいと願う。後は、経験あるのみ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/03 17:01
奥秩父・笛吹川東沢鶏冠谷右俣
奥秩父・笛吹川東沢鶏冠谷右俣 6/26中級者の講習会で鶏冠谷右俣へ行く。予定は泊りで奥日光の柳沢川だったが、不安定な予報だったので、急遽、天気の良さそうな鶏冠谷へ日帰りで行く。さすがに人気の西沢渓谷。駐車場では、どこに入るのか沢登りの方たちが多かったが、幸い鶏冠谷では他のパーティに会うこともなく、いつもの塾の沢登りを行うことができた。  沢は以前とほとんど変わらない渓相を見せていたが、逆さくの字滝上の崩落地点が、また更に崩落が進み、倒木が沢を埋めていた。今回、初めて気づいたことだが、右俣の大滝手前から尾根上の登山道に上... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/28 10:36
奥多摩・峰谷川坊主谷
奥多摩・峰谷川坊主谷 6/18初心者・初級者の講習会で奥多摩の坊主谷へ行く。取水制限が始まったとのことで奥多摩湖も水が少ないと思っていたが、いつもより多いくらいで、峰谷川のバックウォーターも普段と変わらない。坊主谷の水量も比較的多く、水も冷たいので、この日は下界では30度を越しているというのに沢の中は快適そのもの。初級者の皆さんにとっては、沢登りの別の一面も感じられたようだ。ただ、中ノ沢を過ぎたわさび田跡が出てくる上流部は以前より倒木が多くなり、快適な遡行が楽しめる下流部に比べ、あまりにも対照的な沢となってしまっ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/06/19 12:09
二口・名取川小松原沢
二口・名取川小松原沢 6/11-12中級者の講習会で名取川本流小松原沢へ行く。この沢はナメと幅広の綺麗なナメ滝を多く懸け、銚子大滝と呼ばれる多段の大きな滝を懸け、滝上には短いながら小ゴルジュが連続し、源流部はナメ床がが続く、非常にきれいな沢だ。特に小ゴルジュの終わった上のブナの林に囲まれた平坦地は絶好の泊り場だ。早朝早立ちすれば日帰りも可能なのだが、日帰りするにはもったいない沢だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/15 16:11
二口・名取川大行沢
二口・名取川大行沢 6/4-5初心者・初級者の講習会で仙台二口の大行沢へ行く。昨年は避難小屋で盗難にあったので、あまり印象の良くないところだが、沢としては初心者、初級者の方たちに沢登りの楽しさ、素晴らしさを知ってもらうには良い沢なので、今年も組んでみた。 天気が良かったこともあり、皆さん沢登りの楽しさ、素晴らしさを実感されたようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/06/07 18:16
須金山塊・荒雄川仙北沢
須金山塊・荒雄川仙北沢 5/28-29中級者の講習会で宮城、秋田県境の仙北沢へ行く。今回の講習は沢の楽しみ方がメイン。沢の楽しみ方には、滝の登攀やゴルジュ突破といった遡行メインの楽しみ以外にも、山菜、キノコといった自然の恵みが豊富にあり、それらを知り、味わうことも沢登りの楽しみでもある。せっかく沢登りを学んでいるのだからこの時期の渓流沿いの山菜を知ることも必要だ。今年は雪が少なく、山菜は終わってしまっている危惧もあったが、三つ葉、ミズ、タラの芽、ウド、コシアブラ、ウルイ、フキノトウ、おまけに天然のワラビも採れ、稜線... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/01 11:09
大菩薩・葛野川深入沢
大菩薩・葛野川深入沢 5/21初心者・初級者の講習会で深入沢へ行く。深入沢は小滝の連続するきれいな沢で、難しい滝もなく、初級者の登攀練習には良い沢なのだが、ガイドブックで紹介したことで入渓者も多くなり、最近はごみも目立つようになった。また上部は倒木も多く、以前の綺麗な沢のイメージが薄れてしまったのは残念だ。それでも新緑のこの時期は素晴らしい渓谷美を見せる沢だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/22 20:02
大菩薩・丹波川泉水谷小室川谷
大菩薩・丹波川泉水谷小室川谷 5/14-15中級者の講習会で小室川谷へ行く。いつもは日帰りで行く沢だが、講習会での日帰りでは山道が横切る先までで時間切れとなるため、今回は最後まで詰め上げるため1泊2日で実施する。 何年振りかの小室川谷。以前は泉水谷林道を車で入れたが、今は三条新橋先の泉水谷林道入り口に頑丈なゲートがあり入れないので、入渓には林道を歩くしかない。ただここは釣り人や沢登りの人が多く、特に釣り人との遭遇は避けたいところ。今回は幸いにも沢登りの1パーティのみだったが、中級入門の方たちにとっては水量が多く、滑りや... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/05/16 20:24
丹沢・中川川東沢ゴーヤ沢ヤビキ沢
丹沢・中川川東沢ゴーヤ沢ヤビキ沢 5/8初心者・初級者の講習会で西丹沢のヤビキ沢へ行く。ほとんど紹介されていない沢だが、地元の方たちにはナメの綺麗な沢として良く登られているようなので初心者の講習会で組んでみたが、沢自体は、ほとんどがガレガレの沢でナメの部分も短すぎるようだ。むしろ、水が涸れてからのガレ場登りの方が、慣れない初心者、初級者には落石する危険が多く神経を使う。ただ、これも勉強なのだが・・・。 ここは下山にとったヤビキ沢と石棚沢の境界尾根の方が読図の良い勉強になる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/09 12:45
奥多摩・日原川小川谷滝谷
奥多摩・日原川小川谷滝谷 4/23-24中級者の講習会で奥多摩の滝谷へ行く。小川谷林道が通行止めということなので、なかなか計画できなかった滝谷だが、ネットの記録等から林道自体は歩くのに問題ないようなので1泊2日で計画したが、実際は日原鍾乳洞の入口に通行止めの頑丈な柵が設けられ、ガードマンもいて入れず、鍾乳洞駐車場の管理の方から柵先のトンネル内が工事中で2年後でないと入れない(通行止めの箇所は絶対に入れないと念を押される)が、その先の林道なら歩けるとのことだったので、タワ尾根を登り、人形山手前からカロー橋付近手前に降り... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/04/25 20:43
奥多摩・日原川倉沢谷塩地谷
奥多摩・日原川倉沢谷塩地谷 4/16初心者・初級者の講習会で奥多摩の塩地谷へ行く。塩地谷は、長い詰めや高巻き、懸垂下降、ロープを使った登攀、トラバースなど、沢登りの技術、体力付けにうってつけの沢なのだが、指導する側にとっては、倉沢谷林道の悪路、長い詰めは精神的にも、体力的にもつらい沢でもある。沢登り初心者の方たちにはかなりプレッシャーもあったようだが、今回は実践沢登り2回目ということもあり、前回の軍刀利沢よりは楽だったようだ。やはり、慣れと経験は大事だ。これからも、1つ1つ経験を積み上げて、沢登りの技術を学んでいってほ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/17 16:54
丹沢・中川川下棚沢
丹沢・中川川下棚沢 4/10中級者講習2日目は下棚沢。前日、某沢でテント泊。この日はそのまま西丹沢自然教室の駐車場へ移動するも、すでに駐車場や駐車帯は満杯状態。何とか駐車スペースを確保して下棚沢を目指す。下棚沢は、いつもは中級最初の沢で3月に行くところだが、今回は2本目の沢。ここは、笹子沢よりも滝場が多く、大滝とそれに続く滝場を除けば中級を目指す人たちにはなかなか良い沢だ。ただ、高巻きは気の抜けない危険なところが多く、特に、最後の二又手前の滝の巻は、取り付き部分が崩落し、だんだん難しくなっている。ここも岩が脆く... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/04/12 13:25
丹沢・中川川笹子沢左俣
丹沢・中川川笹子沢左俣 4/9中級者の今年最初の沢登りの実践講習会で笹子沢へ行く。この沢は、水量は少ないが、滝が適度に懸り、特に左俣の出合から続く滝場は、中級者を目指す人たちにとっては程よい練習の場だ。中級者の講習では、難しい滝の登攀はロープを使うことが多いが、高巻きではほとんどロープを使うことが少なく、いろいろな意味で気を抜くことのできない難しい巻きが多くなる。今回も2か所で高巻きのルート取りを学んでいただいたが、指導する側も、中級者の講習では、参加者のレベルを上げるためのルートの選択は、危険と安全との兼ね合いか... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/04/12 12:00
奥多摩・南秋川矢沢軍刀利沢
奥多摩・南秋川矢沢軍刀利沢 4/3沢登り教室の講習会で軍刀利沢へ行く。初心者・初級者の最初の沢登り講習会の場所は、例年どうり軍刀利沢だ。軍刀利沢は数年前から沢床に倒木が多くなり、以前のようにきれいな沢ではなくなっているが、小ゴルジュや小滝ながら連瀑帯があり、小さい沢ではあるが沢登りの要素がコンパクトにまとまって、沢登り初心者、初級者に沢登りを教えるには良い沢だ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/04/04 13:17
丹沢・モミソ岩&モミソ沢
丹沢・モミソ岩&モミソ沢 12/1312月から2月までは登攀力アップ&ロープワークのための岩トレと雪山講習をセットとした冬期トレーニング講習を来年の中級者コースへ進む方向けとして行う。この日はその1日目。前日は非常に暖かな良い天気だつたが、この日は一転して雨の1日になる。予定ではモミソ岩で岩トレ後、モミソ沢を遡行する計画だったが、この時期、雨の中濡れた岩場での岩トレは寒いのでモミソ沢遡行で行くも、雨にもかかわらず暖かな日で岩トレもそれほど苦にならず、モミソ岩でのトレーニングに時間がかかり、モミソ沢の遡行は時間切れで... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/12/15 17:09
丹沢・葛葉川本谷
丹沢・葛葉川本谷 12/122015年沢登り教室の雨天振り替え講習で葛葉川本谷へ行く。2015年の沢登り教室は11月22日で終わっているが、雨天振り替えに仕事で参加できなかった方のために特別に組む。週間天気では雨予報だつたが、前日に晴れ予報に代わり、12月としては暖かな1日となった。今回は、初級最後の講習なので、最後までリードしてもらう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/14 21:33
奥多摩・奥多摩川入川谷下流部(セルフレスキュー講習2)
11/22この日の講習は、11/8に 雨天のため中止とした妙義の裏谷急沢の代替え講習だつたが、前日のセルフレスキュー講習が時間切れで半分程度に終わってしまったため、急遽、セルフレスキュー講習会に切り替える。場所は、前日と同じ入川谷。今回は、代替え講習のため、昨日参加メンバー6人のうち、お二人が不参加だったが、来年のためにもしっかりと覚えてもらいたいとの願いから実施する。 この日の講習で、今年の沢登り教室は、すべて終了する。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/24 22:10
奥多摩・奥多摩川入川谷下流部(セルフレスキュー)
11/21セルフレスキューの講習会で奥多摩へ行く。セルフレスキューは沢登りのような危険を伴う山登りでは覚えておかなければならない必須のものだが、その前提となるのは沢登りの技術だ。セルフレスキューは、ある程度の沢登りの経験と技術がなければ形だけ覚えても使えない。塾では、毎年、初級者コースを終え、中級者コースへ進級された方たちを対象とする講習だ。ただ、今回は緊急時のために持ち歩いているツェルトやレスキューシートの使い方、ロープの結び方の復習から始めたため時間切れでいつもの半分程度しかできずに終わ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/24 21:27
丹沢・大滝沢鬼石沢
11/15講習会で鬼石沢へ行く。当初の予定は本間沢だつたが、土日とも雨天予報で林道が通れない可能性があったため、雨天の方が水量もあり楽しめそうな鬼石沢に変更して行う。前日の土曜日は、さすがに冷たい雨予報だったため、予定の大山川は中止。土曜日参加の方の一部が日曜日に回っていただいたため、久しぶりに大人数での遡行となる。天気は、午前中は雨の予報だつたが、入山するころには雨も上がり、蒸し暑い1日で、普段水量の少ない鬼石沢も、この日は水量も多く、良い講習となったようだ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/17 11:26
西上州・市ノ萱川相沢川右俣右沢
11/7講習会で荒船の相沢川へ行く。この沢は、ほとんど登られることのない沢だが、荒船山に詰めあげる沢としてはなかなか面白い沢だ。ただ左俣、右俣とも流程の長い沢で、この時期、講習会で登るには長く、日没との戦いになるので、比較的短く、早朝東京を出ても十分登って楽しめる相沢口登山道沿いの右俣右沢を計画する。ただ前回は、かなり増水していて水量も多く、なかなか楽しめたのだが、今回は前回の3/1くらいの水量。あっという間に登ってしまい物足りなさの残る講習となってしまった。 8日は、裏妙義の裏谷急沢の予... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/08 18:46
丹沢・四十八瀬川勘七沢
11/1講習2日目は勘七沢。来年の中級に向けての登攀、リード、確保練習を兼ねての講習だ。10月後半からは、皆さんに交代でリードを任せる。人について歩くより、自分でルートを探し、遡行するのは難しい。ただそれができなければ自立できないので、ポイントをチェックしながらではあるが、すべて参加者に任せる。ただ勘七沢は初級の沢とは言え、初級者がリードするには難しい滝がいくつかあり、中級者コースへの進級テストを兼ねての講習でもある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/04 14:46
丹沢・世附川金山沢沖ビリ沢〜樅ノ木沢西沢
10/31講習会で丹沢の沢へ行く。コースは水ノ木分岐から沖ビリ沢を下降し、樅ノ木沢西沢を遡行する計画だが、今回は参加者が少なかったので、歩き主体の西沢から樅ノ木沢本谷に変更する予定で行くも、入渓点の山伏峠まで意外と時間が掛かり、計画どうりのコースを歩く。ただ西沢の右沢は何もないので、左沢を登ることに。天気は予報よりも悪く、一日中曇りの肌寒い天気だった。リードは、すべて参加者に任せる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/11/04 13:07
足尾山塊・神子内川手焼沢
10/25講習2日目は日光と足尾の境にある神子内川手焼沢。入渓は日足トンネルの足尾側の出口。予定は手焼沢を登り、長手沢下降だつたが、手焼沢の単調な渓相とゴーロ歩きに嫌気がさし、長手沢下降を取りやめ、手焼沢と長手沢の中間尾根を下降して出合に戻る。この沢は初めての沢だが、ネットの記録によると初級者向きの楽しく、きれいな沢との情報から設定したのだが、遡行した手焼沢があまりにも単調すぎて講習にならず、下降は道のない中間尾根に急遽変更。沢遡行よりも、この尾根下降の方が良い講習となった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/27 21:10
那須・阿武隈川白水沢左俣左沢
10/24講習会で阿武隈川白水沢へ行く。この日は晴れの良い天気に恵まれたが、キョロロン村駐車場周辺でウォーキング大会が行われ、前泊地のキョロロン村駐車場は早朝から車が溢れ、早々と追い出される。 沢は、最近大水が出たような形跡があり、入渓点の白水の滝右岸の踏み跡が洗われ、白水滝左壁への取り付き点へのトラバースが初級者にはロープが必要なほど難しくなっている。また左俣左沢出合の滝の右岸側も洗われ、初級者がリードするのはかなり難しくなった。今回は、左沢出合の滝のリード以外は、来年中級に進むお二人に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/27 19:54
八幡平・葛根田川
10/10-12沢登り教室の講習会で葛根田川へ行く。この時期の葛根田川は紅葉が素晴らしく、特に晴れた日はえも言えぬ美しさだ。ただ水量の多い沢なので、初級者の方たちでは少しでも増水すると遡行できないこともある。予報によると初日は晴れ、二日目は午後から大荒れの天気になるとのこと。前日葛根田川の水量を下見していて、それほどでもないことは分かっていたが、今回参加の皆さんには少し気になる水量でもあった。ただ初日は快晴の素晴らしい天気に恵まれ、真っ青な青空と木々の紅葉、紅葉に映える葛根田川の白っぽいナメ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/10/15 21:18
巻機・登川米子沢
10/210月最初の講習は巻機の米子沢。紅葉の時期の米子沢は素晴らしい景観を見せるが、この日は晴れの良い天気に恵まれ、皆さん米子沢の素晴らしさを堪能されたようだ。ただ、米子沢のハイライトでもある大ナメに着くと、すぐにそれまでの快晴の青空を雲が覆い、真っ青な青空と草紅葉に映える大ナメが一瞬だったのが残念だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/04 21:12
中ア・中御所谷東横川
9/27講習会で中アの東横川へ行く。千畳敷カール一帯が紅葉の見ごろを迎え、菅の台バス停は早朝4時過ぎには行列をなし、次々と臨時バスが人を運ぶ。まさかこんなに人が多いとは想像していなかったので、帰りのバスが心配になる。今回は東横川を遡行し、登山道を北御所登山口下山の予定なのでバスに乗れないとタクシーを呼ばなければならない。東横川は初めて遡行する沢だが、記録によるとそれほど難しいところはなく、初級者の講習には手頃な沢のようだ。実際遡行した感じでは、滝らしい滝の登攀は最初のF1だけ、それも沢慣れた... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/09/28 20:56
中ア・小黒川本谷
9/12-13講習会で小黒川本谷へ行く。当初予定は奥利根の楢俣川ヘイズル沢だったが、18号台風後、大水害を起こした豪雨の雨雲レーダーが微妙に掛かり、判断の難しい状況が続いたので、急遽、台風以降雨のあまり降っていない中アの小黒川本谷へ転進する。今年はお盆以降、天候に恵まれず、変更、変更が続いているので、転進先を何処にするか、悩ましい状態が続いている。転進先の小黒川は、18号台風の影響が残り、かなり増水していたが、遡行できない状態ではなく、むしろ谷の荒れ方が酷い。岸際が増水で大きくえぐり取られて... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/09/14 22:16
武尊・塗川西俣沢
9/6講習2日目は上州武尊の西俣沢。この沢は、数年前、林道終点に止めていた車を釣り人の嫌がらせでタイヤ3本を刃物で切られる被害のあった因縁の場所だが、今月の課題の藪漕ぎの沢としては非常に良いところだ。ここは太い笹の密集した藪の多いところで、西俣沢の詰めは、この藪漕ぎ講習にピッタリ、忠実に詰めなくてもいくらでも藪漕ぎ講習のできる沢だ。難点は、中流部までの滑りやすい沢床と上流部二又手前の両岸狭まったゴルジュ内に懸るCS滝の高巻きだ。この日は午後から雨となり、雨の中の遡行と高巻きの藪漕ぎ、詰めの密... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/09/07 20:29
谷川・湯檜曽川高倉沢左俣
9/5講習会で高倉沢へ行く。今回のテーマは藪漕ぎ。沢登りでは藪漕ぎは当然のようにあるので、藪の漕ぎ方によっては体力を消耗し、ルートを間違え、遭難事故にもつながりかねない。沢に道はなく、進むルートは自分で探しつけていくしかないのが沢登りだ。立ちはだかる藪にルートを刻み、付けて行くには雪国の密藪で経験を積むのが手っ取り早く、体力も付く。ただ高倉沢はそれほど藪の濃い沢ではないので、初級者に藪漕ぎを体験してもらうには良い沢だ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/09/07 20:28
大源太山・登川丸ノ沢左俣
8/23大源太山東面の沢へ行く。東面は登川丸ノ沢の枝沢。今回は初級者向きとして登られる左俣に入る。当初予定は1泊2日の福島、栗子山塊の烏川滑谷沢だつたが、塾の都合で、急遽、予定を日帰りの沢に変更して実施する。この日は、夕方まで曇り予報だつたが、1日中小雨模様ながら雨が降り続き、沢も増水気味。久しぶりの雨の中の講習に皆さん戸惑い気味のようだったが、増水していた方が、レベル的には今の方たちに丁度良い。私は、今週いろいろなことが起こり、寝不足と疲れで体はボロボロの状態だったが、今週末の講習を中止す... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/08/24 21:34
越後・三国川黒又沢日向沢
8/9講習2日目は十字峡近くの日向沢。三国川水系の沢の中で、唯一初級者向きの沢として登られるところだ。ただ、2011年の豪雨で林道が崩落し、入渓するパーティも少なくなったが、十字峡登山センターまで入れるようになってからは登るパーティも見られるようになったようだ。十字峡登山センターは、今は営業を休止しているようで、自販機も使えず、水道も、トイレの水も雨水頼りの状態。ただ2階にある登山者用の宿泊施設は使える。 今年は雪解けが遅く、日向沢出合付近にもスノーブロックが残り、出合上の黒又沢は、まだま... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/11 12:40
谷川周辺・湯檜曽川東黒沢白毛門沢
8/8講習会で白毛門沢へ行く。当初予定は8/1だったが、私の怪我で1週遅らせての講習だ。この日は酷暑だつた先週に比べ気温も低く、雷の心配もなかったので、怪我の功名ともいえる。ただ、やはりこの時期の白毛門沢は天気が良いときつい。この日の白毛門登山口の駐車場は車が異常に多く、沢登りの人も目立つ。塾生たちからは、沢登りの人たちが多い沢は初めてとの声も上がる。どうも、7/20の集中豪雨で谷川ロープウェイが運休している影響のようだ。実際、白毛門沢も豪雨の影響がかなり残り、倒木がやたら多く、特に下流、中... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/08/11 12:37
大源太・大源太川北沢
8/2講習会で大源太の北沢へ行く。朝日の沢で足のくるぶしを怪我したこともあり、このところの不安定な天気に少し早めに出発したが、人数が多く、暑かったせいもあるが、まだまだ皆さんのレベルがそれほど上がっておらず、ロープワークや滝の登攀、高巻き、スラブ登攀に手間取り、下山はいつもより遅くなる。ただ幸いなことに車に戻ったところで雨が降り出し、その後は雷雨となる。ここは、初級でも少し上の方たちを連れて行く沢なのだが、まだまだ皆さんは勉強が必要かも・・・。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/03 20:24
舟形・大倉川戸立沢右俣〜左俣下降
7/25-26講習会で舟形の沢へ行く。この沢は初めての沢だが、ネットの記録を読む限り、初級者に沢登りの総合力を付けてもらうには良い沢のようなので計画する。目的の戸立沢は二俣までは単調な渓相が続き、右俣に入ってからようやく適度に登れる滝場が続き、初級者に滝の登攀力やルートの取り方を学んでもらうには良い沢だ。ただ下降にとった左俣の笹薮の下降やボサや倒木だらけの沢にいささかがっかり、それでも二俣からは単調ながらも滑床が続き、右俣と左俣の渓相の違いや、詰めの枝沢や下降のルート取り、大倉川本流の遡、下... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/30 15:06
奥秩父・本谷川金山沢(イサゴ沢)
7/12講習2日目は奥秩父の金山沢。予定は南アの尾白川鞍掛沢だったが、この週は雨が降り続き、尾白川がかなり増水して、参加の方たちのレベルでは、尾白川遡行は難しいとの判断から急遽変更する。金山沢はかなり昔に1度遡行したことがあるが、ほとんど記憶になく、ネットの記録からF2のCS滝の登攀がポイントのようだ。参加者のレベルで登れるか不安はあったが、少しずつでもレベルを上げていかないと来年その上のレベルの開催は難しい。F2はやはり皆さんのレベルでは難しく、ゴボウでの引き上げとなったが、その他はほとん... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/07/23 11:00
大菩薩・大鹿川平ッ沢
7/11講習会で大菩薩の平ッ沢へ行く。今回の課題も水線遡行。この沢は沢沿いに登山道が続き、容易にエスケープできるので初級者がシャワークライミングを楽しみながら遡行するのに良い沢だ。この日は水量が多かったが、真夏のような天気となり、登山者も多く、登山者に見守られながらの遡行となる。この沢のポイントは大滝の登攀とそれに続く滝場の遡行だが、ルートを間違えなければ、それほど難しい沢ではない。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/22 23:38
奥多摩・奥多摩川水根沢谷
7/5講習2日目は水根沢谷。ここは半円ノ滝まで遡行するパーティは多いが、その上を登る人は少ない。数年前の大水で半円ノ滝手前の本谷が埋まり、ほとんど遡行価値のない沢となっていたが、最近は元の姿な戻りつつあり、遡行するパーティも多くなったが、相変わらず水は他の奥多摩の沢に比べ汚い。塾の講習は、人の多い半円ノ滝を避け、その上から仁左衛門沢までを登ることが多く、今回もこのルートだ。ただいつもより水量が多く、意外に時間が掛かる。ここも倉沢谷同様、身に付けていたものが異常な臭い。今までこのようなことはな... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/07/06 16:25
奥多摩・倉沢谷本谷
7/4講習会で倉沢谷へ行く。今月の課題は水線遡行。水に浸かっての遡行は誰しも楽しいものだが、水に浸かっての遡行の難しさ、危険をどれだけ感じてもらえるかだ。今回の倉沢谷は初めて遡行する沢だが、ここ数年遡行する人が多く、キャニオニングも盛んに行われているようだ。この日もキャニオニングをする人たちや沢登りの人に出会う。実際遡行してみての感想は、沢自体、難しい所はなく、林道にすぐに上れることもあり、初級者に水線遡行の楽しさを味わってもらうには手ごろ沢であると感じた。ただゴミが目立ち、水根沢もそうだが... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/06 13:07
男鹿山塊・鹿股川桜沢&スッカン沢
6/20講習会で男鹿山塊の南の外れ、高原山の最高峰釈迦が岳、剣ヶ峰を水源とする鹿股川桜沢とスッカン沢の遊歩道下の沢を登ってくる。いずれも初めての沢だが、結構登られている沢のようで、ネットの記録から講習会でも使えそうなので計画する。ただ桜沢はスッカン沢との出合から雷霆(らいてい)の滝までは水量も多く、素晴らしい渓相をしているが、滝上からは苔むしたゴーロとなり、八方ヶ原へ向かう沢を分けると水も涸れ、面白みはない。沢登りのできる部分があまりにも短く、講習会で行くほどの沢ではない。ただスッカン沢は白... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/23 13:54
二口・名取川大行沢
6/13-14講習会で2週連続、二口の大行沢へ行く。今回は、先週より天気は悪かったが、皆さん初めての泊りの沢に満足されたようだ。ただ今回は他にめったに会うことのない出来事に遭遇。1つ目は、テント場で小熊に出会ったこと、もう一つは、あってはならない山用具の盗難事件にあったことだ。ここ二口は、入山口の大東岳登山口や二口林道は車上荒らしの多い所だ。実際、以前ヤマケイの取材山行で大東岳登山口で私自身車上荒らしの被害を受けてはいたが、まさか山奥の、登山者や渓流釣り師しか入らない樋ノ沢避難小屋でデポして... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/06/19 16:38
二口・名取川大行沢
6/6-7講習会で仙台二口の大行沢へ行く。今年最初の泊りの沢はいつもの通り大行沢。泊りの経験のない初級者に泊りの沢を体験してもらうには非常に良い沢だ。沢登りは泊りの沢を数多く経験することで本当の沢登りの楽しさ、面白さ、技術が身に付くものだ。大行沢は首都圏からは遠いが、ナメナメナメの続く非常にきれいな沢で、登山道も沢沿いにあり、ブナの原生林の中をゆったりと流れる東北を代表する美渓だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/11 16:52
両神・神流川金山沢
5/30教室の講習会で両神の沢へ行く。両神の沢は初級者には難しい所が多いが、この金山沢はある程度沢登りを経験した人たちがフリクション登攀の練習をするのに良い沢で、一枚岩の傾斜の緩い連続するナメ滝を足の置き方からフェルトのフリクションを使った重心移動の仕方等を、沢を登りながら学ぶ。短い沢だが、初級者にはかなり神経の使う登りが続き、水が枯れてからの詰めも長く、十分1日沢登りのできる沢だ。上り詰めれば両神山へも一登りだ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/01 19:39
大菩薩・葛野川深入沢
5/24沢登りの講習会で深入沢へ行く。ガイドブックで紹介してからかなり人が入るようになった深入沢だが、まだ他のパーティと出会ったことはない。ただ巻道が明瞭となり、講習会で使うには少し面倒になってしまった。ここはメンバーにより沢登りのいろいろな場面を想定しながら登るルートを選べるところだつたが、普通に登る人たちが多くなり、自分たちで考えて登る沢登りが出来なくなってしまった。ただ息つく間もなく続く滝場の連続に、沢を登る楽しさは今でも感じてもらえるようだ。昨年、松姫トンネルが開通し、バスが通るよう... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/05/27 12:22
奥秩父・笛吹川ヌク沢左俣左沢
5/23沢登り教室の講習会でヌク沢へ行く。左俣は大滝で有名な右沢はガイドブックでも紹介され、登るパーティも多いのだが、左沢はほとんど登る人はなく、静かな沢登りの楽しめる渓だ。ただここ数年、東京周辺の沢は台風や多雪、大雨などの自然災害が多く、倒木や土砂崩れなどでかなり荒れている。この左沢も数年前から倒木が沢床を埋め、かなり荒れてはいるが、その倒木も今年は少なくなり、私が最初に登ったころに戻りつつある。左沢は滝の登攀目的に入るとガッカリするが、下流部の連続する大ナメ滝、中上流部の傾斜の強い沢床に... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/27 10:58
秩父・中津川大若沢
5/17講習2日目は中津川の大若沢。この沢は非常にきれいな沢で集落の水道水として使われていたこともあり、、大きな釜を持ったきれいな滝も多く、沢沿いに遊歩道が設置されているので初級者でも楽しく沢登りのできる沢だ。ただ昨年大水が出たのか遊歩道がいたるところで崩落し、現在修復工事中のため工事関係者以外通行止めだ。ここはアズマシャクナゲの自生地として知られる所だが、シャクナゲのほとんどが枯れたような状態で、花や蕾は全くなく、寂しい限りだ。沢もコケがびっしりと貼りつき、滑りやすく初級者には結構緊張され... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/05/19 11:37
奥武蔵・浦山川冠岩沢
5/16講習会で奥武蔵の冠岩沢へ行く。朝から小雨ながら雨の降る天気だったが、木々の生い茂る沢ではあまり気にならない。ただ蒸し暑さとコバエやブヨの多さに参る。 3年振りの沢だが、倒木が多いものの、以前とあまり変わっていない。ただ林道がなぜか舗装されているのに驚く。意味のない舗装だが・・・。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/19 10:32
奥多摩・日原川倉沢谷塩地谷
4/26講習2日目は日原の塩地谷。講習会では毎年来ていた沢だが、倉沢谷林道が悪く、車を普通車に替えてからは計画しなくなった沢だ。ただ、この沢は初心者、初級者の講習会には良い沢で、水量も多く、登り方によって色々な沢登りの技術を学んでもらうことができる。ただ、昨年の腰の手術のブランクは大きく、上部の詰めに体力的な不安を残しての講習だ。倉沢谷の林道は相変わらず悪く、車高の高い四駆の車以外は不可だ。倉沢橋から歩くと集合時間を早めなくてはならない。沢はほとんど変わったところはないが、滝壺がかなり埋まっ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/30 12:47
奥多摩・南秋川矢沢軍刀利沢
4/25講習会で軍刀利沢へ行く。当日は、予報どうり午後から雷雨となり、久しぶりに雨の中の沢登りとなる。今回の講習は、軍刀利沢を遡行して熊倉沢左俣の東沢を下降する計画だつたが、以前にもまして沢床のヌルヌルの苔は滑りやすく、遡行スピードが遅くなる。また午後からの本格的な雨に軍刀利沢の遡行だけで時間切れ。いつもの山道を下り、矢沢林道に出る。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/04/30 12:45
奥多摩・大丹波川真名井沢
4/18講習会で真名井沢へ行く。昔はワサビ田が多く、二俣以降しか沢登りができなかったところだが、最近はワサビ田はわずかに残っているだけで、二俣まででも初心者には楽しめるようだ。ただ二俣以降は沢床に倒木が多く、かなり荒れてしまっているので単調すぎるきらいがある。下山は真名井沢林道が赤杭尾根まで伸びているので林道を使って戻れる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/21 11:06
丹沢・中川川モロクボ沢水晶沢右俣
4/12講習2日目はモロクボ沢水晶沢。前日は午前中雨模様だったので人は少なかったが、この日は朝から車の大渋滞、帰りが心配になるほどだ。西丹沢のバス停にある駐車場も、用木沢ゲートの駐車帯も満杯。仕方なく駐車料金を支払って近くのキャンプ場に車を止める。この辺りはまだ桜が咲き誇り、木々が芽吹き、山は春爛漫だ。モロクボ沢はマスキ嵐沢と違い水量は多く、滝のスケールも全然違う。やはり沢は良い。ただ相変わらずヌメリがきつく、のっぺりしたナメ滝の登攀はアクアの靴では辛い。腰のためにもできれば靴で登りたいのだ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/04/13 16:43
丹沢・中川川大滝沢マスキ嵐沢
4/11講習会でマスキ嵐沢へ行く。予定は葛葉川だったが、午前中雨予報に急遽西丹沢のマスキ嵐沢へ変更して実施する。西丹沢の中川川や世附川以外の丹沢は近年山ビルが多く、4月に入り暖かい日が続き、山ビルが動き始めている雨の葛葉川は初心者や初級者にはかわいそうだ。ただ西丹沢も玄倉川流域まで山ビルが生息域を広げてきているので、丹沢全域が山ビルの山になるのも時間の問題かもしれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/04/13 16:43
奥多摩・南秋川矢沢熊倉沢右俣右沢〜右俣左沢下降
4/4講習会で奥多摩の沢へ行く。今年最初の沢は熊倉沢右俣右沢〜左沢の下降。ただ当初の予定は5日奥只見の日向倉山の雪山講習だつたが、天気予報が悪く、今年の豪雪で奥只見シルバーラインの開通が遅れていたこともあり、雪山講習を急遽取りやめ、沢登りに変更する。ただこの沢登りの計画も天気予報が目まぐるしく変わったこともあり二転三転、天気の良さそうな土曜日に実施する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/04/05 20:29
房総・猪ノ川桑ノ木沢
12/14トレーニング講習2回目は、房総の亀山湖に注ぐ桑ノ木沢。清澄周辺は山ビルの多い所なので、ヒルのいないこの時期、房総の沢は丁度良い。この日は東京に雪が降ったとのことだったが、房総は日向はポカポカ陽気。ただ、さすがにいつもの暖かさではなかったが、それでもそれほど寒さを感じることもなく、下山の尾根下降では少し汗ばむほど。下山に使った右岸尾根は、地形図が読めないと迷いやすい所が多く、地図読みには非常に面白い尾根だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/16 21:37
湯河原・新崎川中尾沢右俣〜清水沢深沢下降〜大杉沢
中尾沢右俣「六万の滝」は柱状節理の滝だ。 12/7冬場のトレーニング講習会で幕山公園脇を流れる新崎川上流部の本支流を周遊する。沢登りは1に体力、2に体力といわれるほど体力が必要だ。そのためにはシーズンオフのトレーニングを欠かすことはできないので、シーズンオフの体力保持のためのトレーニング講習として来年度受講者の方たちのために講習会を組む。冬期は、このトレーニング講習と雪山講習の2本立てだ。 トレーニング講習1回目の新崎川上流部には大きな滝はないが、適度に小さいながらも滝場があり、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/09 22:14
丹沢・寄川虫沢川ダルマ沢右俣右沢〜ダルマ沢タカノス沢下降
11/23今年最後の教室の講習は丹沢のダルマ沢。ダルマ沢の右俣を遡行し、ダルマ沢タカノス沢を下降するルート。ただタカノス沢は通常ダルマ沢右俣と云われているようだが、タカノス沢と名がついているので、今回は通常ダルマ沢左俣と云われている沢をダルマ沢とし、右俣をタカノス沢として遡下降する。ダルマ沢は何十年振りかの沢なので、ほとんど記憶はないが、1か所高巻きが嫌らしかった記憶がある。当時はまだ虫沢林道が虫沢橋上で工事中の頃だ。初級の方たちには少し難しい沢かもしれなかったが、来年のためには良いと思いセ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/25 19:25
丹沢・中津川二十女沢〜二十女沢オオユラナノ沢下降
11/22講習会で丹沢の二十女沢へ行く。今年最後の教室の講習目的は沢の遡下降。今年は教室開始が半年ほど遅く、いつもの年より満足な講習ができないので、できるだけ沢の遡下降をを取り入れるようにしたのだが、それでも、まだまだ経験不足は否めず、中途半端な半年となってしまった。沢登りは基本技術を現場でいかに応用するか、できるかなので、現場での経験を数多くこなすことで技術が身について行く。わずか半年、それも4回ほどの東京近郊の現場経験では身に付くものはあまりない。それでも沢の下降を取り入れることによって... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/25 16:56
妙義・中木川谷急沢右俣〜左俣下降
11/16講習2日目は谷急沢。カメラ騒動などで出発が遅くなったが、前日とは異なり良い天気に恵まれ、日差しが降り注ぐ沢でもあったので、紅葉に彩られた妙義の沢を皆さん十分に楽しまれたようだ。今回の講習目的は沢登りの経験を積んでもらうことがメイン。沢登りは、色々な山域の、多くの沢を登ることで、多くの経験が得られ、結果として沢登りの技術が身に付くものなので、いかに多くの経験を積むかが大事だ。しかし、ただ漠然と人について行くだけでは身に付いてくるまで何年も掛るので、あとは、学ぶという気持ちを持って参加... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/18 13:56
妙義周辺・墓場尻川
11/15講習会で墓場尻川へ行くも、下山口の中山道入口バス停の東屋にデジカメを置き忘れ、気づいたのが翌朝の講習会の出発直前。前夜、道の駅に泊まり、日曜日の講習のため国民宿舎前の駐車場に移動、皆さんが集合し、いざ出発の段階でカメラがないことに気づく。講習会を取りやめ、すぐにカメラを取に行くことはできないので、講習会終了後、中山道入口の東屋に行ったが、すでに遅く、カメラはなかった。 墓場尻川の講習は、あまり日の射さない、一時みぞれが降るほどの寒い1日だつたが、皆さん、晩秋の沢登りを楽しまれたよ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/11/18 13:00
丹沢・中津川二十女沢〜鍋嵐北尾根
11/9講習2日目は二十女沢から鍋嵐北尾根下降。予報は良くなかったが、昼頃からは青空が広がり、日差しも降り注ぐ、予想外に良い天気となる中での気持ちの良い遡行が楽しめた。ただ鍋嵐の尾根下降は、急斜面のヤセ尾根が続き、まだ術後の腰には負担が大きく、講習生の読図やルートファインデングはほとんどアシスタント任せとなる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/12 12:42
丹沢・早戸川原小屋沢〜榛ノ木丸尾根
11/8講習会で原小屋沢へ行く。今回の講習目的は尾根下降の読図。沢登りでは入渓点近くまで車で行くことが多く、車に戻る最適な登山道がなければ尾根下降しなければならない。遡下降同様、最短尾根下降のルートファインディング、読図も沢登りでは必要になる。予定は原小屋沢ボッチ沢から蛭ガ岳経由の白馬尾根だつたが、予想外に遡行に時間が掛かり、いつものルートに変更。ただ榛ノ木丸の尾根も、シカ柵設置のため作られた道は、ほとんど道型が不明瞭になり、以前の状態に戻って来ているので、白馬尾根よりも尾根下降の読図には良... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/12 11:54
奥多摩・盆掘川伝名沢左俣〜千ケ沢石津窪下降
10/26講習二日目も、今月2度目の伝名沢から石津窪下降。メインは石津窪の下降だが、この講習の設定のポイントはどこを遡行するかだ。ただどれを遡行するにしても、それぞれ良し悪しがあり、なかなか難しいが、昨年から初級者の講習では伝名沢左俣をとることが多い。この沢は林道が横切っており、ほとんど登られることのない沢だが、林道上は盆掘川の枝沢の中では倒木が少なく、意外ときれいな沢だ。ただ林道上は、この冬の積雪の影響で倒木が沢を埋め、入りづらくなっている。石津窪下流部の左岸山道は、ほとんど廃道化してしま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/29 10:50
奥多摩・南秋川矢沢熊倉沢西沢〜矢沢軍刀利沢下降
10/25講習会で奥多摩・南秋川の沢へ行く。今月2度目の熊倉沢から軍刀利沢下降だ。今月、月1の講習は沢下降がメインの講習。沢の下降は、遡行するよりも難しく、色々勉強になることが多い。遡行だけだと、ほとんど懸垂下降をすることはないので、懸垂下降時の支点の取り方や懸垂の仕方、クライムダウンは初級者にはどんどん取り入れた方が良い。ただ慣れていない方たちを連れての講習は、時間との戦いでもある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/29 10:11
谷川・仙ノ倉谷ダイコンオロシ沢〜イイ沢下降
10/19講習2日目は谷川の沢。予定は毛渡沢シッケイ沢からイイ沢下降だったが、前日の皆さんの歩きや行程の長さ、日が短くなっていることなどから、予備計画としていた仙ノ倉谷ダイコンオロシ沢からイイ沢下降に変更する。ダイコンオロシ沢はイイ沢とともにシッケイ沢からの下降の沢としても使われている沢だが、ネットの記録からはあまり良い情報はなく、私自身初めての沢でもあり、全くスカに終わるかもしれないとの不安もあったが、沢の2/3くらいはただの藪に被われたガレのゴーロと水涸れのスカ沢だが、水が復活すると上流... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/22 12:10
巻機・登川割引沢ヌクビ沢三ー沢
10/18講習会で巻機の三ー沢へ行く。この時期は隣の米子沢へ行くことが多いが、今年は教室の始まりが遅く、まだ皆さんそのレベルではないため、米子沢は来年にとっておくことに。紅葉の最盛期で、さすがに百名山の巻機山登山口は人が多い。いつも三ー沢へは登山道を割引沢から入り遡行するのだが、人数が多く、まだ皆さんには負担が大きいのでヌクビ沢から入渓。案の定、ツルツルのスラブ滝に皆さん四苦八苦。やはり東京近郊の沢では経験できないので、講習は近場の沢だけでは沢登りの力はつかない。三ー沢に入ってもしばらく傾斜... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/22 10:57
奥多摩・盆掘川伝名沢左俣〜千ケ沢石津窪下降
10/12講習2日目は盆掘川の伝名沢から石津窪下降。伝名沢左俣はほとんど登られることのない沢だが、石津窪へのアプローチとしては他の支流の中では面白い沢だ。ただここも大雪の影響で林道上の沢床に倒木が塞ぎ、誰もがこんな沢と思う沢だが、意外に盆掘川の支流の中ではきれいな沢だ。石津窪は滝場が多く、特に大滝の下降は、初級者の懸垂場所、ルート取りやセッティング、懸垂下降と云った懸垂の一連の流れを学ぶには良い所だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/15 12:28
奥多摩・南秋川矢沢熊倉沢左俣西沢〜軍刀利沢下降
10/11講習会で南秋川矢沢の支流へ行く。今回のテーマは沢下降。滝場やゴルジュ内でのルートファインデング、クライムダウンや懸垂時の懸垂場所、支点の取り方、セッティング、懸垂下降等を学んでもらう。矢沢支流の熊倉沢左俣西沢を遡行し、軍刀利沢を下降するルート。メインとなる軍刀利沢はいつもは春先の3月に遡行する沢で、下降は私自身も初めて。ただ、ここも冬の大雪の影響で中下流部は沢床が倒木で埋まり、特に下流部はかなり荒れてしまった。先週末の18号台風の影響なのか熊倉沢も軍刀利沢も水量が多く、熊倉沢の林道... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/15 11:45
朝日・野川コカクナラ沢
9/17山行2日目はコカクナラ沢へ行く。昨日の疲労がたまり、体が重い。昨日ヌルミ沢を登っていて正解のようだ。難しい所はないとの情報からこちらを最終日にしたが、詰めあげる沢をどこにとるかの選択に迷い、1100m右岸の沢を上がるも、途中で早く三体山方面の尾根に上がってしまい1時間近く藪漕ぎを強いられ、下山は昨日と同じ18時過ぎ、それでも祝瓶山頂に登り大満足。下山後は、今日中に帰京しなければならないM君を米沢駅に送り、シルバー2人は翌早朝東京に戻る。2日間、10時間を超える行動と6時間の車の運転は... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/19 14:49
朝日・野川ヌルミ沢
9/16-17朝日の沢第2段。自身の沢にも少しづつだが体力の続く限り登りたい、年齢的にも、体力的にも沢登りの教室を続けるには限界があるとの思いで、今年から塾の講習を縮小し、朝日の残してきた沢に登り始めたのだが、今回この2本の沢を遡行して、自身の体力、登攀力、ルートファインディングの衰えを身を持って感じた山行となってしまった。結果的には、以前なら何ということもない滝もM君のリードなしでは冷や汗の連続、体力なしからくるルートミス、バテバテの下山など、果たしてこの先どれだけ残してきた沢を遡下降でき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/19 11:46
朝日前衛・藤沢川ズキン東沢〜女川シシカリ沢下降〜女川枝沢〜藤沢川シラソマダ沢下降
6/27-28講習会で久し振りに朝日前衛の沢へ行く。藤沢川水系は初めてだが、女川は32年振り。今回は藤沢川から女川源流部を探る沢旅。溪友塾を始めてからなかなかこのような山行はできなかったが、今回は、皆さんの体力度を測ることと本当の沢登りの体力を自ら体験してもらうことが目的だったが、自身の体力の衰えを実感する講習となってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/29 20:56

トップへ | みんなの「沢登り」ブログ

沢マタギの山溪逍遙 沢登りのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる