沢マタギの山溪逍遙

アクセスカウンタ

zoom RSS 那須・苦土川大沢右俣

<<   作成日時 : 2017/10/17 12:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

10/14中級の講習会で那須の大沢右俣へ行く。予定では1泊2日で只見の餅井戸沢だつたが、今回も天気が悪く、急遽、日帰りの沢に変更する。この沢は、いつも中級者の講習会で行く沢だが、しばらく行っていなかったので久しぶりだ。この日の天気は、予報では降水確率が20%と低かったのだが、雨が降ったりやんだりのあいにくの天気で、気温も低く、肌寒い1日だった。

画像

大沢の林道を歩き、最終堰堤手前で沢に降りる。
堰堤から先はガレたゴーロ歩きだ。

画像

F1は右側を上がる。

画像

F2も右側だが、大岩が挟まっているので注意が必要だ。

画像

画像

大滝の登攀は左側だが、上部は高度感があり、荷を背負っては難しい。
滝上での確保は、この時期は辛い。スリップには要注意だ。

画像

正面の滝の登攀は、以前よりルート取りが難しくなったか?

画像

ツルツルの一枚岩の滝の登攀は、まだまだ経験値が足りないようだ。

画像

二俣

画像

左俣の大滝
この大滝の登攀は、難しくはないが、塾を初めて一度も講習会で組んだことがないのでメンバーにもよるが組んでみてもおもしろそうだ。

画像

右俣のポイントとなる滝が連続する。

画像

画像

ゴルジュ出口手前の滝

画像

上部は笹が被ってくるが、沢床はツルツルの一枚岩のナメ滝や滑床が続く。

画像

気の抜けない遡行が続く。

画像

下の紅葉は見事だ。

画像

ようやく登山道に上がる。
晴れていれば、素晴らしい展望の広がるところだ。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
スタートから帰りの時間が気になって焦り、悪天候は不安を呼び、元々狭い視野がさらに狭くなってしまいました。全くダメダメなルーファイ…嗚呼リーダー失格の巻。
c-chan
2017/10/18 15:40
難しいところは特になかったが、下山が長くて辟易しました。紅葉はてんきのがイマイチでも良かったので好天ならば素晴らしい沢登りを楽しめたと思います。
bema
2017/10/18 21:43
紅葉はすてきでしたね。
ちょっとだけビビリが出てしまい気持ちが弱くなってしまいました。
あわてん坊
2017/10/19 06:34
なんか私には微妙に登りにくいのが多かったです。
ガスがちでしたが、それが晴れた際の紅葉、眺望は思わず見とれてしまいました。
天気のせいもあるのでしょうが、ほんとに人がいなくてとても静かな山だったのが印象的でした。
あすか
2017/10/25 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
那須・苦土川大沢右俣 沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる