沢マタギの山溪逍遙

アクセスカウンタ

zoom RSS 中ア・正沢川幸ノ川

<<   作成日時 : 2017/08/29 11:50   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

8/27中級者の講習会で中アの幸ノ川へ行く。先週は私用で講習会を中止にしたので3週間ぶりの講習会だが、今年は異常に雨が多く、今回も25日の大雨で、予定していた朝日の下ノ沢は増水が激しく、入渓は危険と判断し、転進先として中アの沢を選ぶ。転進候補はいくつかあったが、増水がどれほどかわからず、結果的に日帰りの沢となる。幸ノ川は滝が多く、滝が続くのは、前回の朝日の根子ノ三沢と同じだが、アルプスの沢と東北の朝日の沢との違いを感じてもらえればとの思いだ。滝のスケールでは中アだが、難しさでは朝日の沢の方だ。

画像

この沢の入渓点は福島Bコースの幸ノ川渡渉点からだ。
すぐに堰堤が現れる。

画像

堰堤を越えるとすぐにF1だ。
ここから滝場が連続する。

画像

F2は左側を簡単に登れる。

画像

トイ状の滝は合羽を着て突っ張りで

画像

次から次と滝が懸かる。
連瀑帯

画像

画像

画像

すべて左壁を登る。

画像

画像

画像

出口の滝は登れず、踏み跡に従って巻き上がる。

画像

まだまだ滝は続く。

画像

二俣
右俣に入る。

画像

右俣最初の滝は、水が冷たいのでシャワーを嫌って巻道を行く。

画像

綺麗な滝が続くが、ほとんどが簡単に登れる滝だ。

画像

滝場は続くが沢床は開けてくる。

画像

画像

画像

ほとんど登れる滝だ。

画像

振り返るとスキー場の跡が見える。

画像

登れない滝も巻道は明瞭だ。
かなり人が入っているようだ。

画像

ガレが目立つようになる。

画像

ガレ場が現れると登山道は近い。

画像

登山道が分かり難いので注意が必要だが、沢床の脇の登山道ははっきりしている。


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (入門&ガイド)
山と渓谷社
手嶋亨

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (入門&ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
朝日も中アも緊張しました・・・。
高度を上げると北アルプス眺めがよかったです。
あすか
2017/08/30 22:58
今回はLの役割でしたが、事前のチェックをしていなくて申し訳ありませんでした。まだまだまだですねぇ。
今回の沢も滝が多く股関節が悲鳴をあげています。困ったなぁ〜。行程時間が短い講習会だったはずなのに、、、
1つでも○がもらえるように振り返りと反省をしっかりしていきたいです。
あわてん坊
2017/08/30 23:40
積極的にシャワークライミングする気温ではなかったですが、最後まで水が涸れず滝も掛かり、楽しく快適な遡行となりました。L後は尚更…(笑)
c-chan
2017/08/31 12:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
中ア・正沢川幸ノ川 沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる