沢マタギの山溪逍遙

アクセスカウンタ

zoom RSS 南ア・尾白川鞍掛沢乗越沢

<<   作成日時 : 2017/07/11 12:02   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

7/8中級者の講習会で南ア・尾白川鞍掛沢へ行く。今回の講習は5月に中止となった奥秩父・ヌク沢講習会の代替え講習だが、今年は奥秩父が多いので、奥秩父以外の場所ということで南アの日帰り可能な沢として行く。ネットの情報からは中級者の方たちにも楽しめ、特にスラブ状のナメ滝登攀に不安がある今年の方たちには良い勉強になると思い計画したが、中級者の講習会としては、あまりにも単調過ぎて期待外れに終わる。

画像

尾白川林道は、雁ケ沢登山口以降は、かなり荒れている。
林道歩きが長い。

画像

林道終点から尾白川に下るところはかなり急だ。
ロープが張ってあるが、落石には要注意だ。

画像

尾白川本流は、なかなか水量の多い沢だ。
鞍掛沢との出合までは、夫婦滝の登攀を除けば難しいところはない。

画像

画像

鞍掛沢は、単調な小ゴーロの続く沢だ。

画像

あまりにも単調過ぎるので、たまに出てくるスラブ状のナメ滝で登攀練習

画像

画像

たまに出てくる滝も簡単に越せる。

画像

奥の滝が唯一登れそうもない滝だが、簡単に巻ける。

画像

乗越沢出合

画像

出合の滝を登る。

画像

乗越沢に入ると、一気に水量が減る。

画像

画像

ルートを選べば、今回の講習で唯一勉強になるツルツルのスラブ状のナメ滝。

画像

水がほとんどなくなると沢床のアザミの棘が煩わしい。

画像

画像

最後は笹の原を詰めて鞍掛山と駒岩の鞍部へ。

画像

日向山はさすがに人気の山だ。
15時半を過ぎても次々とハイカーが登ってくる。


沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
とても気持ちの良い沢でした。
まだまだルートを見極めるのがうまくいきません。
しっかりと周りを見ることが大切ですね。
今回もまた勉強になりました。
ありがとうございました。
あわてん坊
2017/07/12 09:08
穏やかな沢で水もきれいでした。
たまのスラブがやはり…。
苦手なものほど挑戦して登れるようにならないといけませんね。
あすか
2017/07/12 19:30
水が輝いて気持ちの良い沢でした。日向山も久しぶりで楽しめました。前夜の泊まり場も快適で初心者を連れて行くのには良いコースと思いました。
bemasa
2017/07/17 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
南ア・尾白川鞍掛沢乗越沢 沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる