沢マタギの山溪逍遙

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥秩父・一之瀬川竜喰谷

<<   作成日時 : 2017/06/20 19:11   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

6.18初心者・初級者の講習会で奥秩父の竜喰谷へ行く。ここ数年、皆さんのレベルが低く、竜喰谷をセッティングすることが少なくなり、4年振りの講習会だったが、やはり、今年の方たちのレベルも低く、難しかったようだ。ただ入渓者が多く、ポイントごとに余計なものが残置され、巻道もしっかり踏まれており、曲滝の登攀をしなければ、沢自体は登り易しくなっている。今年の竜喰谷は、一之瀬林道が大常木谷入渓点手前の林道が崩落のため、青梅街道の入口から工事による通行止め。落合から大回りしなければならない。

画像

一之瀬川との出合から入渓する。

画像

F1は、右側から上がる。
水量が少なく、濡れていないので簡単だ。

画像

相変わらず、ヌメヌメの沢だ。

画像

精錬場の滝壁は黒々としている。

画像

ヘツリの練習に良い場所だ。
今年は、皆さんクリアする。

画像

下駄小屋の滝
上部にお助けロープが残置されており、簡単に上がれるようになっている。

画像

曲り滝下の滝も、水を浴びることがない。

画像

中ノ平沢出合
今回、曲り滝を中級者コースの方にリードして登ってもらったが、確保の仕方が出来ていなかったのでパスして高巻く。曲り滝は、初級者の確保は最大限の注意を払わなければならない。

画像

画像

いつもシャワークライムを楽しむ滝だが、今年は水が少な過ぎた。

画像

中級になると、このくらいの滝は簡単に登れる。
中級者のリード、確保の練習に良い沢だ。

画像

倒木が邪魔をする滝だが、リード、確保の練習には良い。ただ初級者には難しいか?

画像

長嵐沢との出合上にあるCS滝は右の大岩の下が潜り抜けられるようになっている。

画像

CS滝上から流れが穏やかになってくる。

画像

最後のCSの小滝を抜けると源流部の穏やかな流れとなる。
大常木林道は近い。

画像

楯ノ沢と井戸沢との出合。
どちらをとっても大常木林道に出る。

画像

井戸沢に入り、大常木林道に出る。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ツルツル、ヌメヌメで緊張しっぱなしでした。
うめ
2017/06/21 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥秩父・一之瀬川竜喰谷 沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる