沢マタギの山溪逍遙

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥秩父・一之瀬川大常木谷

<<   作成日時 : 2017/05/25 19:27   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

5/21中級者の講習会で奥秩父の大常木谷へ行く。中級者の講習会は、先週土曜日雨天で中止としたため約1月振り。前夜、丹波山の道の駅に泊り、早立ちするも、一之瀬林道が崩落のため通行止め、仕方なく大回りすることとなり、入渓に時間が掛かる。また、今月の講習から皆さんに交代で講習会の山行リーダーとして、リード等を任せることとしたため時間が掛かり会所小屋までたどり着けず、時間切れでカンバ谷からエスケープ。ただ大常木林道は長いので、途中、竜喰谷側の尾根を竜喰谷の中ノ平沢出合まで下り、中ノ平沢から、再度大常木林道に上がり林道をショートカットする。

画像

一之瀬林道からの山道は滑りやすく、要注意だ。

画像

大常木谷出合

画像

この日は、よくカモシカを見かける。

画像

画像

五間ノ滝は中級者のリード、確保の練習に良いところだ。

画像

画像

五間ノ滝から千苦ノ滝のゴルジュ帯は非常に滑りやすい沢床が続く。

画像

千苦ノ滝

画像

千苦ノ滝の高巻きも要注意だ。

画像

千苦ノ滝を越えると穏やかな渓相となる。

画像

山女魚淵は泳いだ方が良い。
高巻いたことはないが、巻きルートはかなり大変なようだ。

画像

画像

画像

山女魚淵から、またゴルジュが始まる。

画像

ゴルジュ出口の早川淵
泳ぎで突破もできるが、簡単に巻ける。

画像

大常木谷は非常にきれいな沢だ。

画像

大きく深い釜を持った不動滝は2段の滝だ。

画像

不動滝上段の滝は左側から登れるが、今回は時間がなく、高巻きを選択する。
ネットの記録から懸垂しなくても沢床に降りられる踏み跡があるとの情報から、このルートを探すが明瞭な踏み跡はない。

画像

今回は、懸垂せずに沢床に降りる。

画像

時間が無くなり、カンバ谷から大常木林道へ上がる。
カンバ谷は、入ってすぐに滝が懸かる。

画像

滝上からは、荒れた沢となる。

画像

大常木林道は、ところどころ崩れているところがあるが、概ね問題なく通れる。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
天気がよかったせいか水がとてもきれいにみえました。
泳げるけどクライミング力なしというのが再確認できました。とほほ
あすか
2017/05/25 23:30
今回からリーダー研修が始まりましたが、いっぱいいっぱいで周りをみることができませんでした。
いろいろな意味でやはり勉強になりました。
ひとつひとつのお言葉をしっかりと心と頭に記憶し次回に望みたいと思います。
お天気はよくてとても気持ちいの良い講習でした。
あわてん坊
2017/05/26 09:39
不動の滝1段目、滑りそうで嫌だなと思ったら塾長が靴を押さえてくださりました…以心伝心(笑)
いつまでも押さえて貰っているようでは…困ったものです。
c-chan
2017/05/26 13:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥秩父・一之瀬川大常木谷 沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる