沢マタギの山溪逍遙

アクセスカウンタ

zoom RSS 大菩薩・葛野川深入沢

<<   作成日時 : 2017/05/12 12:09   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

5/7初心者・初級者の講習会で深入沢へ行く。今年度3回目の講習会なので、皆さん大分慣れてこられたようだが、今回から遡行図書きも講習に入っているので、また戸惑いもあるようだ。遡行図書きは、自立した沢屋の第一歩なので頑張ってもらいたい。

画像

深入橋から沢に入るには、グズグズの急斜面を下らなければならない。

画像

F1は、左右どちらからも巻ける。

画像

深入沢は、いろいろな要素が詰まった沢だ。

画像

さすがに、ここのリードは簡単ですね。
ただ自己確保からセカンド以降の確保までの操作がまだまだです。特に、自己確保は確実に覚えないと重大事故に繋がります。

画像

滝滝滝の続く沢だ。

画像

研究生のKさん、登れるようになっているので、もっと自信を持ってほしい。後は、ロープワークをしっかりと身に付けることだ。

画像

お助けロープを頻繁に出すことになったので、良い練習になったのでは・・・。

画像

初級の方たちでも登れる滝が多く、滝登りの好きな方にはたまらない沢だ。

画像

フリクション登攀の練習に良い滝も多い。

画像

中級者の滝登りの練習にも良い沢だ。



画像

傾斜の強いナメ滝の多い沢だ。

画像

二俣出合下の大滝の登攀は簡単だ。

画像

右俣出合の滝は、初級者の方たちはプルージック登攀の実地練習

画像

画像

画像

右俣に入っても沢を離れるところまで滝が続く。

画像

最後まで詰め上げると水が涸れてからの下草が煩わしいのでここから中間尾根にある山道を目指す。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今回もとてもとても勉強になりました。
実際にリードをするといろいろな事が発見できて、出来なかったこともありましたがとても楽しかったです。
確保ほか まだまだ本番になるとドキドキしてあんぽんたんなことをやってしまいますが次回は○がもらえるように頑張りたいと思います。
実り多い講習会でした。
みなさんありがとうございました。
本当に良い一日でした。次回もよろしくお願いします。
おかげさまで体はメチャクチャ筋肉痛です。ガックリ。。。。
あわてん坊
2017/05/12 16:21
記録をしながらの遡行は思った以上に大変でした。素早く記録できるようにまずは記号をコツコツと覚えていこうと思います。
アッキー
2017/05/12 19:43
ちょうどよく登れる滝が多く、楽しかったです。あわてん坊さんリードお疲れ様でした。ありがとうございます。
うめ
2017/05/13 02:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
大菩薩・葛野川深入沢 沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる