沢マタギの山溪逍遙

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥多摩・日原川鷹ノ巣谷

<<   作成日時 : 2017/04/18 16:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

4/16初心者・初級者の講習会で奥多摩の鷹ノ巣谷へ行く。実践沢登りの2回目は、前回よりも水量が多く、少しレベルアップした場所で、沢下降も取り入れた講習だ。沢は登るよりも下降の方が難しいが、懸垂の練習にも最適だ。鷹ノ巣谷は、従来は体力トレも兼ねて水ノ戸沢を詰め上げ稲村岩尾根の登山道を下るロングコースを講習としていたのだが、私の体力もすでに限界に達しており、指導をしながらのロングコースは時間的にも厳しい。

画像

鷹ノ巣谷は3年振りだが、出合にある橋は朽ちて渡れる状態ではなく、本流の河原から鷹ノ巣谷の流れの上を渡るように新たに橋が作られている。

画像

地蔵滝はいつもと変わらない。
滝の脇にあるワタビ田跡は、益々荒れている。
山道は丸太の橋が朽ちて、全くの廃道となっている。

画像

ヘツリの練習に良い

画像

画像

下流部は石積み堰堤が続くが、この石積み堰堤の手前のヌルヌル、スベスベの側壁登攀が難しい。

画像

鷹巣谷はツルツルの岩やガレた浮石が多く、神経を使う。

画像

中級の沢を学んでいる方たちにとっては、リード、確保の練習に良い沢だ。

画像

対岸に渡れば簡単に上がれるが、水流を浴びるので右壁を登攀する。
ここもリード、確保の練習に良い。

画像

画像

かなり崩れているガレの斜面
安全のため懸垂で下るが、沢慣れた方なら問題ない。
下降では、滝の右側に垂れ下がっているトラロープ側から懸垂で下る。

画像

大滝の登攀

画像

大滝2段目の登攀

画像

水ノ戸沢と金左小屋窪との出合
金左小屋窪はわさび田跡の石垣が続く。昔、このわさび田のために山道があったが、今は全くない。

画像

画像

画像

沢下降は、懸垂の良い練習になる。


東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
2回もドボンしました。
簡単そうに見えても、もっと色々な事を見て、考えて
登らないといけないのですね。
うめ
2017/04/19 07:45
懸垂下降に苦手意識があったのですが今回たくさん実践できたので多少なりともその感が薄らぎました。実際の現場では状況に合わせた調整がいろいろと必要なことも実感しました。またよろしくお願いします。
アッキー
2017/04/19 12:20
2回目の講習なのに、皆さん落ち着いて遡下降されてました…すごい!それに引き換え、危なっかしいリードで失礼致しました。中級で揉まれて、少しでも上手になって、またおじゃましたいと思います。
c-chan
2017/04/19 16:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥多摩・日原川鷹ノ巣谷 沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる