沢マタギの山溪逍遙

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢・大山川

<<   作成日時 : 2016/11/28 12:48   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 7

画像

11/23今年度最後の沢登り教室講習会で丹沢の大山川へ行く。最後の講習も、場所の選定から計画、実施とすべて一から自分たちで計画立案してもらう中級者の講習3回目。今回も、最初から最後まですべてをリードしてもらったが、最終日になって、ようやく皆さんのレベルアップを実感できた講習となった。

画像

二重ノ滝
遡行は、ここから始まる。

画像

二重ノ滝の左壁をリード

画像

早々と水が涸れる。

画像

ハング滝は、倒木が滝壁から動いて少し難しくなった。

画像

2条8mはロープのあるところを登る。
少し水が復活するが、染みている程度だ。

画像

続く階段状10mは左。

画像

正面が二俣
そのまま左俣に入らないように。

画像

右俣に入ってすぐのトイ状の滝
良くリードできました。

画像

奥二又
荒れたガレガレの沢床が続く。

画像

全くの涸れ沢だ。
沢登りとしての面白さに欠ける沢だが、この時期、中級者を目指す人たちのリード、確保練習には良い沢だ。

画像

チムニー状の滝は右にトラロープがある。

画像

チムニー滝を越えると稜線はすぐだ。
この日は登山者が多く、登山道は渋滞して下山に時間がかかり、ウンザリ。
やはりここは冬期に登る沢だ。



東京起点沢登りルート120
山と渓谷社
宗像兵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京起点沢登りルート120 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
山と溪谷社
深瀬 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
今年最後の講習となりました。
×なところもありましたが、嬉しいこともあり
充実した講習会となりました。
まだまだですが、また来年に向けてひとつづつ
できる事が増えるようになりたいです。
今年1年ありがとうございました。
来年度もまたビシビシとお願いします。
あわてん坊
2016/11/29 09:37
あわてん坊さん、見事なリードでした‼核心の滝を上った時は自分のことのように嬉しかったです。後から登って、よくこんなところをリードしたわね?!と改めて感心しました。また、登れると見極める塾長の目も、毎度のことながら凄い‼
感心ばかりでなく、少しでもあわてん坊さんに近づけるように精進します。(^_^)/
c-chan
2016/11/30 10:52
塾長 塾生の皆さん お疲れ様でした。
無事(?)修了したようで羨ましい限りです。
天候不順等々難しい沢行が続いたようですが、まずはおめでとうございます。
あらいかずひこ
2016/12/05 00:13
Aさん、ご無沙汰です。
沢登りを続けているのでしょうか?
塾長
2016/12/05 09:46
Aさん、ブログ見ていてくれたのですね。修了できた方もいますが、私のようにただ終了した者もいます。(泣)
修了(終了)式後の飲み会はな・な・なんと約5名、午前様でした。
c-chan
2016/12/06 16:11
沢はご無沙汰ですが、復活に向けて極秘トレーニングを続けています。極秘です。
c様 もうちょっと飲んでさらに午後様になると本物です。
お疲れ様でした。
あらいかずひこ
2016/12/07 23:38
Aさん、お久しぶりです。極秘トレーニングいいですね。そのうち山でお会いできるといいですね。これからも塾では皆でガンガン登っていきます。
bemasa
2016/12/12 23:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹沢・大山川 沢マタギの山溪逍遙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる